コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 図書館 >秦野よむよむプラン2016 「秦野市立図書館基本計画」~みんなで育てる身近な図書館~

秦野よむよむプラン2016~みんなで育てる身近な図書館~

問い合わせ番号:14854-2169-3077 更新日:2017年9月14日

シェア

趣旨

図書館の運営にあたっては、「図書館法」に定める公立図書館の役割と「図書館の自由に関する宣言」の理念に基づき、また、「秦野市立図書館条例」を基本に、利用者のニーズを把握しながら、図書館サービスの向上に努めてまいりました。

社会の情勢の変化に伴い、現在の図書館を取りまく状況に的確に対応し、市民に対する図書館サービスを総合的、計画的かつ効果的に提供するためには、本市の図書館のあり方や方向性を明らかにした図書館基本計画の作成が必要となりました。

そのため、各地の図書館の状況を調査するとともに、秦野市図書館協議会との検討を重ねてきました。ここで、「秦野市総合計画HADANO2020プラン後期基本計画」、「はだのわくわく教育プラン」が策定されました。これらの上位計画を踏まえ、「秦野市立図書館基本計画」を策定し、図書館運営の目標とするものです。

概要

1. 計画の期間

平成28年度から37年度の10年間(前期5年、後期5年)

2.基本理念(めざすもの)

秦野市立図書館は、生涯学習時代を生きる全ての市民にとって、より豊かな「育ち」と実り多い「暮らし」を支える情報を提供する機関としての役割を果たし、図書館サービスの向上に努めます。

  • 生涯学習の拠点として、みなさんのさまざまな活動を支援します。
  • 子どもたちの成長に寄り添い、生きる力を育むサービスの充実に努めます。
  • 市民の知的好奇心を刺激し、新しい発見や感動を提供します。
  • 市民の暮らしに役立ち、より豊かなものになるような情報を届けます。
  • 郷土の歴史や文化を大切にし、未来に引き継いでいきます。
  • 誰でもくつろげ、気軽につどえる場となる雰囲気づくりをします。
  • 市民のみなさんと共につくる、図書館をめざします。

3.基本方針

  • 市民の生涯学習への支援
    調査・学習・相談を重視する課題解決型図書館へと転換します。
  • 0歳児から10代向けサービスの推進
    子どもたちの成長に寄り添い、生きる力を育むサービスに努めます。
  • 地域の読書活動への支援
    読書活動推進のための機会を増やします。
  • 情報発信
    市民が必要とする情報をわかりやすく提供することに努めます。
  • 郷土文化の推進
    郷土の文化を、次代につないでいくため郷土資料の保存と活用に努めます。
  • 安らぎの場所、滞在型の図書館
    充実した時間を過ごせるように、資料と環境の整備を図ります。
  • 市民との協働による図書館運営
    市民とともに運営できるように努めます。
  • 職員の意識改革
    図書館による一方的なサービスの提供から、市民・利用者とともに創ってゆく図書館へと転換します。

4. 計画推進のために

この計画に掲げた図書館サービスの達成を実現するために、定期的に状況について自ら点検・評価を実施するとともに、教育委員会の事務点検や評価、さらに、図書館協議会での評価も受けながら、図書館活動の向上、充実を図ります。

また、具体的な長期、短期での目標設定を行い、その都度、到達度を見極め、その後の活動に活かしていきます。

社会情勢や図書館を取り巻く環境の変化等に対応できるよう、必要に応じた中間見直しを行います。

秦野よむよむプラン2016のダウンロード

秦野よむよむプラン2016~みんなで育てる身近な図書館~(PDF/1021KB)

このページに関する問い合わせ先

所属課室:市民部 図書館 図書館担当
電話番号:0463-81-7012

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?