コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 秦野市の紹介 > 市の統計 >各種統計調査結果

各種統計調査結果

問い合わせ番号:10010-0000-4178 更新日:2018年5月21日

シェア

このページに掲載されている統計調査結果(クリックするとジャンプします)

 国勢調査

国勢調査は、我が国の人口の状況を明らかにするため、大正9年以来ほぼ5年ごとに行われており、平成27年国勢調査はその20回目に当たりました。

国勢調査は、大正9年を初めとする10年ごとの大規模調査とその中間年の簡易調査とに大別され、平成27年国勢調査は小規模調査でした。

平成27年10月1日時点で実施された国勢調査結果の確報値は、平成28年10月以降に順次公表される予定です。

平成27年国勢調査結果

秦野市の世帯数と人口(確定値

【平成27年10月1日現在】

世帯数

69,778世帯

人口総数

167,378人

85,552人

81,826人

平成28年10月26日に、人口等基本集計結果が総務省統計局より公表されました。
集計結果の中で、秦野市に関するデータを掲載しています。

平成29年4月26日に就業状態等基本集計結果が総務省統計局より公表されました。

町丁・字別人口集計

町丁・字別人口資料をとりまとめて作成したもので、毎年10月1日現在で集計している統計資料です。

県内各市区町村の集計結果については各市区町村ホームページをご覧ください。

神奈川県年齢別人口統計調査

神奈川県が独自に実施している調査で、5年ごとに実施される国勢調査を補完し、毎年の年齢別人口を明らかにするため、各年の1月1日現在で推計している統計資料です。

平成27年度以前及び他市の統計資料については神奈川県のホームページをご覧下さい。

事業所・企業統計調査 / 経済センサス(平成21年~)

経済センサスは、我が国すべての事業所及び企業を対象として行われる国の最も基本的な統計調査の一つです。
  この調査は、事業所及び企業の活動の状態を明らかにし、我が国における包括的な産業構造を明らかにするとともに、事業所・企業を対象とする各種統計調査の実施のための母集団情報を整備することを目的としています。

商業統計調査

商業卸売・小売業の実態に関する統計資料です。

工業統計調査

工業製造業の実態に関する統計資料です。

就業・構造基本調査

就業構造基本調査は、統計法に基づく基幹統計『就業構造基本統計』を作成するための統計調査であり、国民の就業及び不就業の状態を調査し、全国及び地域別の就業構造に関する基礎資料を得ることを目的としています。

学校基本調査

「学校基本調査」は、学校教育法に定めるすべての学校を対象に、昭和23年から毎年5月1日現在で実施している文部科学省所管の基幹統計調査です。

農林業センサス

農林業センサスは、我が国の農林業の生産構造や就業構造、農山村地域における土地資源など農林業・農山村の基本構造の実態とその変化を明らかにし、 農林業施策の企画・立案・推進のための基礎資料となる統計を作成し、提供することを目的に、5年ごとに行う調査です。

住宅・土地統計調査

「住宅・土地統計調査」(5年ごと)は、我が国の住宅とそこに居住する世帯の居住状況、世帯の保有する土地等の実態を把握し、その現状と推移を明らかにする調査です。この調査の結果は、住生活基本法に基づいて作成される住生活基本計画、土地利用計画などの諸施策の企画、立案、評価等の基礎資料として利用されています。

全国消費実態調査

全国消費実態調査は,家計の構造を「所得」,「消費」,「資産」の3つの側面から総合的に把握することを目的として,家計の収入・支出及び貯蓄・負債,耐久消費財,住宅・宅地などの家計資産を5年ごとに調査しています。

神奈川県市町村別合計特殊出生率

その年次の15歳から49歳までの女性の年齢別出生率を合計したもので、1人の女性が仮にその年次の年齢別出生率で一生の間に生むとしたときの子ども数に相当するものです。

  1. 神奈川県市町村別合計特殊出生率(PDF/129KB)(平成24年~平成28年)
  2. その他神奈川県衛生統計の集計結果については神奈川県のホームページをご覧ください。

 

このページに関する問い合わせ先

所属課室:政策部 行政経営課 統計担当
電話番号:0463-82-5102

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?