コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 財務 >平成22年度公的資金補償金免除繰上償還に伴う財政健全化計画について

平成22年度公的資金補償金免除繰上償還に伴う財政健全化計画について

問い合わせ番号:10010-0000-3659 更新日:2012年1月23日

シェア

制度概要

公債費負担軽減対策として、財政健全化計画等を策定し、徹底した行政改革を行う地方公共団体を対象に、平成22~24年度までの3年間で公的資金(旧資金運用部資金、旧簡易生命保険資金、旧公営企業金融公庫資金)の補償金免除繰上償還(注)を行い、高金利(5%以上)の地方債の公債費負担を軽減する制度です。

注:通常、公的資金を繰上償還する場合、償還期限までの利子相当額を補償金として支払う必要がありますが、この制度では、臨時特例措置として補償金を支払うことなく繰上償還することができます。

本市一般会計の状況

本市一般会計においては、本制度を活用して公債費の負担を軽減するため、平成22年9月に財政健全化計画を策定し、同年12月17日付けで総務大臣及び財務大臣から承認を受けました。

これを受けて、この制度の対象となる公的資金(旧簡易生命保険資金)について、平成22年度と23年度の2年間で約6,000万円の繰上償還を行います。この制度の活用により、約876万円の利子負担が軽減される見込みです。

関連ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Reader DCが必要です。

Acrobat Reader DCをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:財務部 財政課 財政担当
電話番号:0463-82-5116

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?