コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

郵便等による(在宅)不在者投票について

問い合わせ番号:10010-0000-3554 更新日:2016年12月2日

シェア

身体に一定の障害をお持ちの方や要介護度5の方は、あらかじめ「郵便等投票証明書」の交付を受けることにより、自宅で不在者投票を行うことができます。

制度を利用できる方

制度を利用できる方は次の要件に該当する方です。(公職選挙法施行令59の2)

利用要件

障害の程度や介護度

必要書類
  • 両下肢、体幹、移動機能の障害(1級・2級)
  • 心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障害(1級・3級)
  • 免疫、肝臓の障害(1級から3級)

身体障害者手帳

  • 両下肢、体幹の障害(特別項症から第2項症)
  • 心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓の障害(特別項症から第3項症)
戦傷病者手帳
  • 要介護状態区分(要介護度5)

介護保険被保険者証

注:制度を利用できる方のうち、上肢又は視覚に一定の障害をお持ちの方は、本人に代わって、代理記載人に投票に関する記載をさせることができる「代理投票」の制度があります。
 

郵便等投票証明書の交付申請

郵便等投票証明書の交付については、申請書(本人の自筆)に必要書類を添えて選挙管理委員会事務局へ郵送又は持参します。

郵便等投票証明書交付申請書のダウンロードページへ

上肢又は視覚に一定の障害をお持ちの方で、「代理投票」の制度を利用する方は、申請書を代理人に代筆させることができます。

郵便等投票証明書交付申請書(代理記載用)のダウンロードページへ
 

郵便等による在宅投票の方法及び期間等

在宅で投票するために、まず投票用紙等の必要書類を請求します。

投票用紙等請求書兼宣誓書のダウンロードページへ

代理記載人が認められている人は、代理記載人に投票用紙等請求書兼宣誓書、必要書類の記入をさせます。

投票用紙等請求書兼宣誓書(代理記載用)のダウンロードページへ
 

投票までの流れ

投票用紙を
請求する

投票用紙等請求書に必要事項を記入し、前もって交付された「郵便等投票証明書」を添えて、選挙管理委員会に送付する。
注:請求期限は選挙期日の4日前(必着)です。

投票期間

選挙の公(告)示日の翌日から選挙期日の前日まで

投票場所

送られてきた投票用紙に、自宅等で記入する。

投票方法

記入済みの投票用紙を送られてきた封筒に入れ封をし、ポストへ投函する。

注:秦野市の選挙管理委員会に郵送する期間を考慮し、概ね選挙期日の3日前までを目安に投票してください。
注:投票期日までに到着しない場合、投票となりません。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:選挙管理委員会 事務局 選挙担当
電話番号:0463-82-9661

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?