コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 行政運営 > 行政経営 > 行財政最適化支援 >行政評価(~平成28年度)

行政評価 ~質の高いサービスを提供するために~

問い合わせ番号:10010-0000-3530 更新日:2017年8月29日

シェア

トピックス

平成28年度行政評価結果報告書を掲載しました。【平成28年11月22日更新】

秦野市の行政評価の取組みについて

 市では、実施している事務事業について、効率的な手法となっているか、要した費用に対して実際に効果をあげているのかなど、内容を評価し、事務事業の改善や経営資源(ヒト・モノ・カネ)の効率的な配分等を通じ、市民サービスを向上させるため、平成13年度から行政評価を実施しています。

 評価に当たっては、行政内部での評価に加え、市民や学識経験者等による秦野市行財政調査会(クリックで行財政調査会のページに遷移します)を設置し、行政の活動を外部の視点から評価する方法を採用しています。

平成28年度行政評価結果の報告(古谷市長と行財政調査会行政評価専門部会)
平成28年度行政評価結果報告の様子(平成28年11月22日市長応接室にて)

平成28年度行政評価

 人口減少や少子高齢化といった社会構造の変化が生じる中、より良い行政サービスを提供するには“質の高い職員の育成が不可欠である”との考えに基づき、市の人材育成を支援するため、「戦略的な人財育成」をテーマとして実施。

平成27年度行政評価

 財源や人的資源の再配分による「選択と集中」につながるよう、論点や課題などの整理がしやすい事業単位による評価を実施(12事業)。

平成26年度行政評価

 今日的な課題として早急に検討が求められるテーマを選定し、関連する総合計画の施策、個別計画の事業や予算事業を総合的に評価(2テーマ:16事務事業)。

過去の行政評価

 平成25年度以前に行われた行政評価の結果報告書等です。

平成25年度以前の行政評価結果報告書一覧表
開催年度 内容 結果報告書等

平成25年度

 現状で社会的要請や地域ニーズが高い、あるいはこれから率先して取り組む必要があるテーマを選定し、関連する事業の相互連携や事業補完のあり方の視点を踏まえ評価を実施(2テーマ:17事務事業)。

平成24年度  総合計画基本計画の進行管理との連携のもと、政策体系に基づく施策評価を実施(3施策:18基本計画事業)。

平成23年度

 特定のテーマに関連する事業全体について、各事業の上位施策への貢献度や有効性、効率性、目標設定の妥当性等の視点から評価を実施(3事業グループ:13事務事業)。

平成22年度  公開の場での外部評価を実施(15事業)。
平成20年度  平成18年度及び19年度に外部評価を実施した180事業のうち6事業について、行政評価委員会と事業主管課との意見交換を実施。 行政評価対象事業の今後の進め方に関する意見(PDF/716KB)
平成19年度  平成18年度の行政評価に引き続き、115事業の外部評価を実施。 行政評価結果報告書(PDF/1MB)
平成18年度  原則すべての事務事業を対象に行政評価に取組み、そのうち65事業の外部評価を実施。 行政評価結果報告書(PDF/1MB)

 

 会議開催経過〈行政評価専門部会〉

会議開催経過一覧表
開催日 会議 会議録・資料等
平成28年5月27日 第1回行政評価専門部会
平成28年7月4日 第2回行政評価専門部会
平成28年8月22日 第3回行政評価専門部会
平成28年9月30日 第4回行政評価専門部会
平成28年10月21日 第5回行政評価専門部会

 

このページに関する問い合わせ先

所属課室:政策部 行政経営課 行政経営担当
電話番号:0463-82-5102

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?