コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 健康・福祉 > 地域・生活福祉 > 地域福祉 >募金・寄付

募金・寄付

問い合わせ番号:10010-0000-2843 更新日:2017年10月1日

シェア

日本赤十字社神奈川県支部秦野市地区

日本赤十字社の活動

日本赤十字社は、赤十字の思想とする人道的任務を達成することを目的に設置され、人道と博愛の精神に基づき、国内はもとより世界の平和と福祉に貢献するため、災害救護活動をはじめ医療や奉仕活動など各種の事業を行っています。
これらの事業資金は、赤十字事業に協賛する社員の「社費」とその他の「寄付金」(「社費」と「寄付金」を総称して「社資」と呼びます。)によってまかなわれています。

日本赤十字社マーク

日本赤十字社(外部サイトへリンク)

日本赤十字社神奈川県支部(外部サイトへリンク)

赤十字会員増強運動

日本赤十字社の創立記念日など赤十字にゆかりの深い5月の1か月間を「赤十字会員増強運動月間」として、赤十字思想の普及と会員の加入促進に努めています。毎年、自治会等を通じて、会員加入のご案内に伺いますので、ご協力をお願いいたします。
なお、平成28年度の社員増強運動の実績は14,892,682円でした。

【問い合わせ】地域福祉課(日赤秦野市地区)82-7392(直通)

社会福祉法人神奈川県共同募金会秦野市支会

活動内容

「赤い羽根募金」は、「共同募金」の愛称です。
「赤い羽根」を使うようになったのは、第2回目の運動からです。1948年頃、アメリカでも、水鳥の羽根を赤く染めて使っていました。それにヒントを得て、日本では、不要になった鶏の羽根を使うようになりました。「赤い羽根」は、寄付をしたことを表す「共同募金」のシンボルとして、幅広く使われています。
共同募金への寄付金は、日本全国の社会福祉活動や草の根のボランティア活動のために役立てられています。

赤い羽根共同募金運動

共同募金運動は、10月1日から12月31日まで、北海道から沖縄まで全国いっせいに行われます。毎年1回、全国いっせいに募金を行うため、厚生労働大臣の告示によって、募金期間が決められています。

赤い羽根共同募金マーク

共同募金会秦野市支会

秦野市支会は、神奈川県共同募金会の計画する共同募金運動や福祉作文コンクールなどの事業を補助し、その目的を達成するために設置されています。平成28年度は、市民の皆様から16,580,313円が寄せられました。皆様の善意は、神奈川県共同募金会を通じて障害者施設をはじめ市内の社会福祉施設及び団体へ配布され、施設の運営及び整備、福祉活動推進等のために役立てられました。

【問い合わせ】市社会福祉協議会(共同募金会秦野市支会)84-7711(代表)
赤い羽根共同募金(中央共同募金会)(外部サイトへリンク)

はだのふるさと寄付金

福祉の充実に関する寄付

地域福祉課では、福祉の充実に関する事業のための寄付を受け付けています。寄付金は、寄付をされた次の年に秦野市の福祉の向上のために活用させていただきます。

詳しくは、地域福祉課までお問い合わせください。

【問い合わせ】地域福祉課82-7392(直通)

このページに関する問い合わせ先

所属課室:福祉部 地域福祉課 地域福祉担当
電話番号:0463-82-7392

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?