コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 子育て・教育 > 食育 >乳幼児期の食育

乳幼児期の食育

問い合わせ番号:10010-0000-2767 更新日:2016年3月31日

シェア

乳幼児期は、からだ、心、ことばの発達の基礎となる生活習慣をつくる大切な時期です。

子どものからだやこころの発達の基礎は、毎日の食卓で育まれます。

食べることは、栄養補給だけでなく、様々な発達を促すのです。

早ね、早起き、朝ごはん赤い帽子のボンチーヌ

乳幼児期の食育のポイント

乳幼児期は、からだの発育が盛んで個人差も大きく、感覚機能などが発達し、好奇心が強い時期です。

また、家庭からの影響を大きく受ける時期です。

家庭や保育園・幼稚園・こども園などにおける毎日の生活から、将来に向けて望ましい食生活習慣や、食事のマナー、コミュニケーションが身につく時期でもあります。

この時期の食育のポイント

  1. 家族で1日3食、規則正しく食べ、栄養バランスのよい食事を心がけます。
  2. 夫婦で健康や食の安全性について正しい知識を持ち、家族に伝えます。
  3. 家族で新鮮な地場農産物等、旬の食材を積極的に活用します。
  4. 家族で1日3食、規則正しい食習慣を身につけます。
  5. 家族で「いただきます」「ごちそうさま」を言うなど、基本的な食事のマナーを身につけます。
  6. 家族、仲間と楽しく会話し、良く噛んで食事をとります。
  7. 歯をみがく習慣と、早寝・早起き・遊び、排泄、運動による健康な生活リズムを身につけます。

手づかみ食べ

小学校入学までに身につけたい8つの生活習慣

  1. 早起き・早寝をする
    正しい生活リズムの基本である早起き・早寝しましょう。
  2. あいさつをする
    あいさつはコミュニケーションの第1歩、元気な声であいさつしましょう。
  3. 朝ごはんを食べる
    朝ごはんは1日を元気にスタートする源です。
    1品からでも食べる習慣を身につけましょう。
  4. トイレの習慣を身につけましょう。
    朝に排泄できる習慣をつけましょう。
  5. 天気が良い日は外遊びをしましょう。
    お天気の良い日は、屋外で遊びましょう。
  6. 手洗いをしましょう。
    外から帰ったら手を洗いましょう。
  7. テレビやゲームの時間を決めましょう
    1日のうちでテレビを見たり、ゲームをする時間を家族と一緒に決めて実行しましょう。
  8. 自分で着替えられるようになりましょう。
    朝の着替えや、お風呂の時など自分で着替えができるようになりましょう。

乳幼児期の食育セミナー

離乳食、幼児食のセミナーに参加して、乳幼児期に大切な食育を親子で体験し、毎日の食卓に活かしましょう。

1.離乳食セミナー

離乳食開始のベビーサインをキャッチして・・・

離乳食の開始を遅らせていませんか?

赤ちゃんの首がすわって、よだれが多くなったり、お母さんやお父さんが食べているときに、食べたそうなしぐさが見られたら、離乳食開始のベビーサインです。

離乳食セミナーに参加して、迷わず離乳食を始めましょう。

離乳食の役割は、栄養補給だけではありません。

リズムある生活と離乳食は、内臓の消化、吸収を促します。

また、おすわりや寝返りなどの全身の発達、発語や表情の豊かさなどの脳の発達を促す役割があります。

健やかに育てよう~正しい食育の情報をお知らせしています~

正しい離乳食の開始の目安は、概ね5、6か月になっています。

赤ちゃん一人ひとりの発育を尊重して、お子さんに合わせて進めることが大切です。

最近、「6か月から離乳食をはじめると食物アレルギーになりにくい・・・」などの根拠のない情報

聞かれますが、離乳食は、遅くはじめて早く終わらせることはできないものです。

離乳食の進め方ガイドを参考に進めましょう。⇒離乳食の進め方(PDF/423KB)

離乳食を開始しないと・・・

適切に離乳食を開始しないと、脳への必要な刺激や栄養が行き届かず、発達がゆっくりになる傾

向がみられています。

健やかな赤ちゃんの発育を考えると、遅くとも6か月には、離乳食を開始する必要があります。

早産で、早く生まれた赤ちゃんは、修正月齢を用いましょう。

また、あいかわらず「離乳食の準備に果汁を飲ませましょう」・・・など誤ったインターネットのペー

ジも見受けられます。

正しい情報は、食育セミナーを活用して得るようにしましょう。

 

離乳食セミナーに行こう

赤ちゃんの食べる意欲を育む、ごっくん期の離乳食のセミナーです。

10倍がゆ、人参ペースト、かぼちゃのポタージュ、ほうれんそうのマッシュを試食します。

離乳食一緒に試食して、安心して赤ちゃんの食育をすすめましょう。

なんだか離乳食が進まないな・・・困った時にも参加しましょう。

ママたちの会話もはずみます
グループワークでママたちの会話もはずみます。

見て食べてすすめる離乳食
いただきます、ごちそうさま。
ポタージュ状の離乳食を食べる体験。

すやすや眠る赤ちゃん
和室なので、赤ちゃんを寝かせることができて安心です。

ごきげんな赤ちゃん
食べる体験は、楽しい。赤ちゃんもにこにこ。

離乳食セミナーちらし

離乳食セミナーのチラシ(PDF/258KB)

 

29年度離乳食セミナー日程、(月に2回、原則木曜日、☆のみ火曜日)

29年/月 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
1回目 13 18 15 13 14 12 9 14 - 8 8
2回目 27 ☆30 29 27 24 28 26 ☆28 21 25 22 22
  • 受付:13時30分~13時45分
  • 講座:13時45分~15時
  • 場所:秦野市保健福祉センター2階、教養娯楽室

 

 

持ち物 

  • 母子健康手帳
  • 筆記用具
  • 費用200円(小銭のご用意をお願いします)
  • 使い慣れたスプーン(ある人のみ)
  • タオルなど

 

お申し込み先(電話予約制)

お電話やちらしのQRコードからも申込みができますが、4か月健診のときに受付ができます。

ぜひお申し込みください。

  • こども健康部、健康づくり課、親子健康班担当
  • 電話番号:0463-82-9604(直通)

ブルーベリー摘みのボンチーヌ

2.幼児食と歯のセミナー

お子さんのかわいらしい歯が前歯上4本、下2本が生えてきたら・・・

踊るボンチーヌ

そろそろ「食べ物の一口サイズ」をお勉強する時期です。

ちょっとした親子カフェに参加しませんか。

1歳すぎのお子さんの食べやすいメニューを、お母さんも一緒に試食します。

ごはんの落とし焼きは、朝食メニューにも
ごはんの落とし焼きは朝食メニューにも大活躍

朝食をしっかり食べる子ほど、学力も体力も高い

午前中のセミナーに参加して、早寝、早起き、朝ごはんを実践し、かしこい子に育てましょう。

食後は、大好きなアンパンマンのペープサートで乳歯のホームケアについて学びます。

アンパンマンと楽しく学ぼう
アンパンマンの手作りペープサートで親子で楽しく。

幼児食と歯のセミナーちらし

幼児食と歯のセミナーチラシ(PDF/245KB)

29年度幼児食と歯のセミナー日程(原則木曜日、☆のみ火曜日)

29年/月 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
日にち 27 ☆30 29 27 24 28 26 ☆28 21 25 22 22

 

  • 受付:9時45分~10時00分
  • 講座:10時00分~11時30分
  • 場所:秦野市保健福祉センター2階、教養娯楽室
  • 対象:11か月~概ね1歳3ヶ月のお子さん

持ち物

  • 母子健康手帳
  • ガーゼタオル
  • 筆記用具
  • 費用200円
  • 飲み物(さ湯、麦茶など)
  • お手拭き

 お申し込み先(電話予約制)

 

  • こども健康部、健康づくり課、親子健康担当
  • 電話番号:0463-82-9604(直通)

 

乳幼児期の食育リーフレット

子どもの食育リーフレットです。

乳幼児期の食育は、ことば、からだ、こころの発達の基盤を作ります。

食事、睡眠、排泄、親子の遊び等のリズムある生活習慣は、子どものことばの発達に大きく寄与

します。

離乳食の進め方を知りたい

かわいい歯をむし歯から守りたい

幼児期のかんたん補食(おやつ)メニューを知りたい

病気の時の食事ってどうしたらいいの

食卓で育てたいものは

関連リンク

 

このページに関する問い合わせ先

所属課室:こども健康部 健康づくり課 親子健康担当
電話番号:0463-82-9604

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?