コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 子育て・教育 > 食育 >平成26年度食育講演会「脳を育てる朝ごはん」~終了しました~

平成26年度食育講演会「脳を育てる朝ごはん」~終了しました~

問い合わせ番号:10010-0000-2761 更新日:2015年5月30日

シェア

からだのあらゆる部分の働きをコントロールしている脳。

スポーツも勉強も心もすべては脳の働きによるものです。

今回、御講演いただく成田奈緒子先生の提唱する脳育ては、普段の子育ての中でできることばかり。
脳の仕組みと脳育てのポイント、そして日常生活でできる工夫について伺い、子どもの才能をグングン引き出す『脳育ての生活』を実践しましょう。

朝ごはん

テーマ

「脳を育てる朝ごはん:賢く元気な脳育て~何歳からでも間に合います~」

朝ごはんを食べる子ども

講師

文教大学、教育学部、特別支援教育専修、教授、成田奈緒子氏

日程

  • 平成27年2月23日(月曜日)

時間

  • 受付:午後1時30分から
  • 開始:午後2時から3時30分まで

場所

  • 秦野市保健福祉センター、3階、多目的ホール

対象

  • 乳幼児、小学生、中学生の保護者、食育ボランティア、食育関係者及び一般市民

申込先

  • こども健康部、健康子育て課、親子健康班

申込方法

  • 電話
  • FAX(チラシ裏面の用紙をお使いください)。
  • チラシにあるQRコードによりメールにてお申し込みください。

チラシ

電話

  • 0463-82-9604(直通):健康子育て課、親子健康班

FAX

  • 0463-85-1301(代表)

締め切り

  • 平成27年2月16日、月曜日

講師の御紹介

文教大学、教育学部、特別支援教育専修、教授、成田奈緒子氏

小児科専門医としての臨床経験をもとに、心と脳の発達の観点から、早起き・早寝や食、運動など生活習慣確立のための調査研究や講演会など、全国的に幅広く活動されています。

医学と教育、そして福祉にわたる「子ども支援」の在り方を提唱する活動と、主に脳科学を中心とした研究をされています。また同時に、児童相談所や発達障害者支援センター医師、そして病院での精神心理疾患外来の担当医師などを兼任されており、多方面から子どもの「育ち」を支援されています。

プロフィール

  • 1987年:神戸大学医学部卒業、医学博士
  • 1987-1994年:神戸大学医学部小児科学教室
  • 1994-1998年:米国セントルイスワシントン大学リサーチアソシエート
  • 1998-2000年:獨協医大越谷病院小児科助手
  • 2000年-2005年:筑波大学基礎医学系講師
  • 2005年-:文教大学教育学部特殊教育専修准教授
  • 2009年-:文教大学教育学部特別支援教育専修教授
  • 2014年-:親子を幸せにするための親支援事業「子育て科学アクシス」代表

委員略歴等

  • 早寝早起き朝ごはん全国協議会(国立青少年教育振興機構)委員
  • 乳幼児期からの子どもの教育支援プロジェクト(東京都教育委員会)委員
  • 「課題を抱える子どもの体験活動に関する調査研究」平成22-(国立青少年教育振興機構)委員
  • 厚生労働科学研究費(化学物質リスク研究事業)平成24-26年度、等

地図情報

このページに関する問い合わせ先

所属課室:こども健康部 健康づくり課 親子健康担当
電話番号:0463-82-9604

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?