コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 子育て・教育 > 食育 >はだの生涯元気プラン(秦野市食育推進計画)

はだの生涯元気プラン(秦野市食育推進計画)

問い合わせ番号:10010-0000-2751 更新日:2012年12月27日

シェア

本市では、食が生きる上でのすべての基本であることを踏まえ、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育成するため、「はだの生涯元気プラン(秦野市食育推進計画)」を策定いたしました。

食育とは

食育とは、生きる上での基本であって、知育・徳育・体育の基礎でとなるものであり、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることです。

近年、食を取り巻く環境が大きく変化し、私たちにとって毎日欠かせない「食」をめぐる様々な問題について、次の項目が懸念されています。

  1. 不規則な食事の増加(朝食の欠食)
  2. 栄養バランスの偏りと健康問題
  3. やせと過体重の体格の二極化
  4. 孤食の増加
  5. 低出生体重児の増加
  6. よく噛み味わって食べる習慣の減少
  7. 食に関する不安の増加
  8. 食文化や地域の伝統料理の消失
  9. 食料の生産、流通などに直接ふれる機会の減少

このような中で、ひとりひとりが生涯を通じて自らの食のあり方について考え、健全な食生活を実践する力が必要になっています。その力を身につけるための学習などの取り組みが「食育」です。

私たちが健康でいきいきと暮らし、人とのコミュニケーションを大切にして思いやりや活力に満ちた「みどり豊かな暮らしよい都市」をめざすためには、生涯にわたり健康な食生活を送ることが基本です。

山 風の吊り橋

「食で育む元気なはだの」を目指して

プランの趣旨

このプランは、市民一人ひとりが、暮らしやしきたり、人々の生業(なりわい)と深い関わりがある食の大切さを理解し、関心を高め、食からの健康づくりを実践するための指針です。

本市は、丹沢の豊かな自然の恩恵を受け、おいしい水と温暖な気候が生み出す大地の恵みから、多種の農作物を収穫することができます。また、長い歴史の中から、落花生、桜漬けなどの伝統的な特産品が生まれ、今なお受け継がれており、その生産現場を身近に感じることができます。

これらの資源を生かし、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、生涯にわたる健全な食生活の実現に向けた取組みを計画的に推進するため、地域や学校、企業、関係団体などが連携して、市民の皆様の食育を支援する環境整備が重要と考えます。

今後、このプランを基に「食で育む元気なはだの」を基本理念として、本市の特色ある食育を推進します。

推進する3つの視点ごとの基本目標による基本理念の実現

平成23年度から、公募による市民委員、食に関する団体、関係機関の代表者などで構成されている秦野市食育推進協議会からのご意見やご提案を基に、「はだの生涯元気プラン(秦野市食育推進計画)」を検討し、策定いたしました。

今後は、このプランに基づき、「食で育む元気なはだの」を基本理念を実現するために、推進する3つの視点(からだ、こころ、くらし)ごとに基本目標と設け、本市の特色ある食育を推進します。

  • 基本目標1 (からだの視点) 楽しく食べて健康なからだをつくります~生涯食育の推進~
  • 基本目標2 (こころの視点) 食の大切さを実感し、豊かなこころを育みます~共食の推進~
  • 基本目標3 (くらしの視点) 自然を大切にし、活力あるくらしをみんなでつくります~食でつなぐまちづくり~

プランの内容

プランは、第1章~第6章で構成されています。ご活用ください。

はだの生涯元気プラン(秦野市食育推進計画)

はだの生涯元気プラン表紙

はだの生涯元気プラン(秦野市食育推進計画)の概要版(ダイジェスト版)

プランの概要をまとめたダイジェスト版(A3両面印刷用)を作成いたしました。どうぞご活用ください。

はだの生涯元気プラン(秦野市食育推進計画)ダイジェスト版(PDF/1MB)

はだの生涯元気プランダイジェスト版 

秦野市食育推進協議会

プランの策定にあたって、公募による市民委員、食に関する団体、関係機関の代表者等にご協力いただき、秦野市食育推進協議会を設置し、検討を進めてきています。

○食育推進協議会委員(15名):五十音順・敬称略

氏名

団体名等

今井 真利子

公募による市民委員

○糟谷 松夫

秦野市立小学校長会

勝間田 里江子

秦野市立幼稚園長会

加藤 重直

秦野伊勢原歯科医師会

鎌内 ミチ子

秦野保健福祉事務所

北村 順子

秦野市農業協同組合女性部

栗原 千恵子

秦野市食生活改善推進団体

小泉 順一

秦野商工会議所

髙橋 雅宏

秦野伊勢原食品衛生協会

竹本 公栄

公募による市民委員

広田 順子

秦野市立中学校養護教諭

堀 義裕

秦野市医師会

牧嶋 秀雄

秦野市立中学校長会

宮原 裕子

秦野市立小学校栄養教諭

◎山本 妙子

神奈川県立保健福祉大学 教授

◎会長、○副会長

はだの食育ゆるきゃら「ボンチーヌ」(コックバージョン)をよろしくお願いします。

「ボンチーヌ」(コックバージョン)神奈川県唯一の盆地、秦野盆地の形をしたぼんち犬ことボンチーヌ。

丹沢の雲を集めたコック帽をおしゃれにかぶり、メタボにならないようにいつも国道246のリボンをまいている。

自称、フランス生まれの秦野育ち、秦野弁で話す。

趣味は食べ歩き、水無川マラソン出場、帽子とウエストのリボン集め。特技は早寝、早起き、山登り。

食育について国の関連サイト

 

このページに関する問い合わせ先

所属課室:こども健康部 健康づくり課 親子健康担当
電話番号:0463-82-9604

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?