コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 健康・福祉 > 障害者 > 各障害者手帳の交付 >療育手帳

療育手帳

問い合わせ番号:10010-0000-2698 更新日:2015年1月10日

シェア

対象者

県内の児童相談所(18歳未満)又は総合療育相談センター(18歳以上)において知的障害者と判定された方

内容

障害の程度によってA1(最重度)・A2(重度)・B1(中度)・B2(軽度)に区分されます。

必要書類

  1. 写真(たて4cm×よこ3cm)
  2. 申請される方の印鑑

注:18歳以上の方については、担当ケースワーカーが面接を行います。

なお、現在手帳を持っている方で次に該当する場合は印鑑及び療育手帳を持参し、手続きをしてください。

  1. 再判定の期日になった場合(再判定) 写真が必要です
  2. 手帳を紛失又は破損した場合(再交付) 写真が必要です
  3. 写真を交換する場合(再交付) 写真が必要です
  4. 居住地の変更
  5. 氏名・保護者の変更
  6. 障害者本人が死亡した場合

療育手帳判定基準

最重度 A1 1 標準化された検査により判定した結果を指数化したもの(以下「指数」という。)が、おおむね20以下のもの。
2 指数がおおむね21以上35以下のもので、身体障害者福祉法に基づく障害等級(以下「障害等級」という。)の1級、2級又は3級に該当するもの。
重度 A2 1 指数がおおむね21以上35以下のもので、上記A1に該当しないもの。
2 指数がおおむね36以上50以下のもので、障害等級の1級、2級又は3級に該当するもの。
中度 B1 指数がおおむね36以上50以下のもので、上記A2に該当しないもの。
軽度 B2 1 指数がおおむね51以上のもの。
2 指数が境界線級であって、かつ、自閉症の診断書があり、県内の児童相談所又は県立総合療育相談センターの長が認めたもの。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:福祉部 障害福祉課 医療給付担当
電話番号:0463-82-7616
FAX番号:0463-82-8020

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?