コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 子育て・教育 > 子育て >秦野市結婚新生活支援事業

秦野市結婚新生活支援事業

問い合わせ番号:10010-0000-2697 更新日:2017年5月12日

シェア

 

 

結婚新生活を始めるための費用を助成します!!

対象となる世帯

対象となる世帯は、次の条件を全て満たす世帯です。

  • 平成29年3月16日(木曜日)~平成30年2月28日(水曜日)までに婚姻届を提出し、本市に住民票がある世帯
  • 交付申請の時点で夫婦とも満50歳未満
  • 申請日が属する年の前年中における夫婦の所得の合計額が340万円未満の世帯

注:貸与型奨学金を返済している場合は申請日が属する年の前年中の返済額を所得から控除できます。

注:結婚を機に夫婦の双方又は片方が離職し、交付申請の時点において無職の場合にあっては、離職をした者に係る所得は算定の対象としない。

対象となる経費

平成29年1月1日(日曜日)~平成30年2月28日(水曜日)までの転入(転居)にかかる

  • 新規の住宅賃貸費用(賃料、敷金、礼金、共益費、仲介手数料等)
  • 新規の住宅取得費用
  • 結婚に伴う引越し費用

助成額

上限24万円

申請期間

平成29年4月3日(月曜日)~平成30年3月15日(木曜日)まで

注:この事業は、予算額に達した時点で受付を終了します。また、この事業は、平成29年度のみの実施となります。

提出書類

  1. 補助申請書
    • ★婚姻届受理証明書(又は婚姻後の戸籍謄本)
    • ★申請日が属する年の前年中における夫婦の所得証明書
    • 注:「★」は秦野市の公募で確認できる場合は省略可
  2. 貸与型奨学金を申請日が属する年の前年中に返済した場合:返済したことがわかるもの
  3. 結婚を機に離職した場合:離職票
  4. 住宅賃貸費用の場合:賃貸契約書の写し及び領収書の写し、(勤務先から住宅手当が支給されている場合)住宅手当支給証明書
  5. 新規の住宅取得費用の場合:売買契約書及び領収書の写し
  6. 引越し費用の場合:領収書の写し

注:2~6は条件が当てはまる場合のみ書類を提出

結婚新生活支援事業実施計画書

平成28年度秦野市結新生活支援事業実施計画書(PDF/132KB)

※計画書名に「平成28年度」と記載がありますが、「国平成28年度補正予算」を使用しているため「平成28年度」と記載されており、実際の事業実施は「平成29年度」であることを御注意ください。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:こども健康部 子育て支援課 子育て政策担当
電話番号:0463-86-3460

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?