コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 子育て・教育 > 子育て > 育児 >パパになる人が読むページ

トップページ > こんなときには > 妊娠・出産 > 妊娠 >パパになる人が読むページ

パパになる人が読むページ

問い合わせ番号:10010-0000-2511 更新日:2012年2月7日

シェア

パパになる人が読むページイラスト

もうすぐパパになりますね、どんな気持ちでしょうか?

妊娠すると、ママの心と身体は徐々に「母」へと変化していき、ライフスタイルを変えざるを得ません。パパは身体の変化はありませんが、「父」になるための心の準備をしていく必要があります。

赤ちゃんが生まれたら、今までの生活は赤ちゃん中心に変わっていくでしょう。パパも趣味の時間が削られたり、休日もゆっくり寝ていられなかったり。・・・けれども、これからの人生の中で、子どもを育てることが人生の充実にもつながります。

どんなときも夫婦ふたりで協力して子育てを乗り切っていくと、仕事にでかける前にみた子どもの笑顔が一日のやる気の源になり、疲れて帰っても寝顔をみたら一日の疲れが吹き飛ぶなどのたくさんの「ごほうび」を子どもからもらえるでしょう。

妊娠中のママへのサポート

妊娠中はホルモンの影響で四六時中眠かったり、つわりやお腹が大きくなって家事が負担になったりと、身体や気持ちが不安定になっていくことが多いものです。

やさしさ・思いやりのかたちとは?・・・

せっかくやる気になっても、何をやったらいいかわからない男の人が多いです。やさしさ・思いやりの具体例のほか、はママに「何をしたら嬉しい?」と聞いてみましょう。

具体例

  • 禁煙
  • 重い荷物の持ち運びや布団の上げ下ろし
  • お風呂掃除
  • 高いところの物をとる
  • お皿洗い

ママの妊娠をきっかけに禁煙・料理・洗濯に挑戦してみては?

仕事が忙しくて・・・

「家事の協力は時間的に無理」というパパは、少しでも早く帰宅できた日はママの話し相手になる、時間のないときはメールや手紙などそっとママに贈るなど、パパがママを思う気持ちを伝えてみてはどうですか。

こんなことありませんか

実感がもてなくて・・・

おなかの中で赤ちゃんはパパの声をちゃんと聴いています。お腹の赤ちゃんに話しかけたり、お腹の上からなでてみたり、「どんな子が産まれてくるのかな?」「こんな風に育てたい」などと夫婦で話してみてはどうですか。

秦野市のおめでた家族教室に参加されることもお勧めします。お風呂の入れ方やおむつ交換の練習をしながら、一緒に参加した夫婦の中からお友達になれそうな方をみつけ、そんな思いを話してみることもいいのでは。

おめでた家族教室の4日目では、パパにママのお腹の重さを体験してもらう『妊婦体験』を行っています。

パパになったら・・・

赤ちゃんが生まれてからしばらくは、赤ちゃんの睡眠時間は一定しません。夜も何度も泣いて起こされます。ほとんどのママが睡眠不足になります。疲れてくるとどうしてもイライラがたまります。ママにはパパのやさしさや思いやり、そしてママを受け止めてくれるパパの存在が何よりも心強いのです。

ママに育児休暇・時間をつくるには・・・

積極的に家事に参加することは最大のやさしさ・思いやりです。また、精神的に深いところでママを支えていくのがパパの大きな役割のひとつです。

短時間でも上手に心身ともに休める時間を作っていくといいでしょう。

ママに育児休暇・時間を・・・

成長のプロセスでは、ちょっとした危機のような出来事が何回かあります。例えば・・「病気をする」「発達が遅いみたいだ」「保育園に行きたがらない」「お友達と上手に遊べない」「どの幼稚園にしよう」など・・小さな危機や選択をしなければならない時があります。そういう時は、ママ任せにせず、一緒に悩み乗り越えることが大事です。

遊びについては、パパの出番が広がります。からだを使ったダイナミックな遊びやボ-ル遊び・虫取り・木登りなど活躍の場がいっぱい。

パパがよくかかわった子どもは、全くかかわらなかった子どもに比べて社会性がよく育つというデータもあります。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:こども健康部 こども家庭支援課 親子健康担当
電話番号:0463-82-9604

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?