コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 在宅の生活支援サービス >重度認知症高齢者及びねたきり高齢者の水道料金・下水道使用料の減免

重度認知症高齢者及びねたきり高齢者の水道料金・下水道使用料の減免

問い合わせ番号:10010-0000-2488 更新日:2014年12月8日

シェア

概要

在宅で生活をしている65歳以上で、介護保険の要介護認定を受けている重度認知症高齢者及びねたきり高齢者登録を行っている者の水道料金・下水道使用料の基本料を減免します。

対象者

(1)市民税所得割非課税世帯に属する要介護4・5の人で認知症高齢者自立度が、4(注:1)又はM(注:2)に該当する世帯。

注:1 4・日常生活に支障を来たすような症状・行動や意思疎通の困難さが頻繁に見られ、常に介護を必要とする状態

注:2 M・著しい精神症状や周辺症状あるいは、重篤な身体疾患がみられ専門医療を必要とする状態

(2)市民税所得割非課税世帯に属するねたきり高齢者の登録を行っている世帯。

手続き

印鑑を持参のうえ、申請してください。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:福祉部 高齢介護課 在宅高齢者支援担当
電話番号:0463-82-7394

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?