コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 在宅の生活支援サービス > 家族を介護している方へ >障害者控除対象者認定書の発行

障害者控除対象者認定書の発行

問い合わせ番号:10010-0000-2483 更新日:2016年4月1日

シェア

概要

 身体障害者手帳をお持ちでない65歳以上の方のうち、ねたきり登録者や身体障害者等に準じる方とその扶養者は、所得税と市・県民税の控除が受けられます。控除申告に必要な障害者控除対象者認定書は高齢介護課で発行します。

対象者

 身体障害者手帳をお持ちでない65歳以上の方のうち、以下の(1)から(3)のどれかに該当する方が対象となります。

(1) 要介護1~5の認定を受けている方

 注:要介護の認定がされていても、日常生活自立度によっては障害者控除認定書発行の対象とならない方もいます。 日常生活自立度については、要介護認定の際の資料を使用して判定いたします。

(2) 市指定の診断書(注)により身体障害者もしくは知的障害者に準ずると診断された方

 (注)知的障害は精神科医、身体障害は身体障害者福祉法第15条第1項の規定による指定医の診断書となります。(なお、診断書作成にかかる費用に関しては申請者負担となります。)

(3) ねたきり登録をされている方

注意事項

 認定書は原則控除を受ける年の12月31日の状況にて交付しますが、年末調整で使用する等の理由がない限り、できるかぎり1月から3月の間に申請してください(対象の方が死亡された場合は死亡日の状況で交付いたします。)

注:年度の途中で申し込みも可能ですが、認定書発行日から同年12月31日までの間に介護認定状況が変更された場合は、再度申請のやり直し等が必要になる可能性があります。

手続き

 障害者控除対象者認定申請書と添付書類を高齢介護課窓口に提出してください。(郵送も可能です。)

添付書類

要介護1~5の方 介護保険証の写し
ねたきり高齢者登録済の方 特になし
その他の方 障害者控除対象者認定に係る診断書(注)

 (注)知的障害は精神科医、身体障害は身体障害者福祉法第15条第1項の規定による指定医の診断書となります。   

   (なお、診断書作成にかかる費用に関しては申請者負担となります。)

様式

   注: 診断書の様式は平成28年4月1日から変更になりました。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:福祉部 高齢介護課 在宅高齢者支援担当
電話番号:0463-82-7394

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?