コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 健康・福祉 > 介護保険 > 介護保険の給付 >在宅メニュー一覧

在宅メニュー一覧

問い合わせ番号:10010-0000-2365 更新日:2014年5月2日

シェア

介護保険 在宅サービスメニュー一覧

(注意)料金はあくまでも目安です。実際の費用とは異なる場合がありますのでご注意ください。

要支援1・2の方

自宅で受けるサービス

サービスの種類

サービス内容

料金の目安(1割負担)

介護予防訪問介護(ホームヘルフ゜サーヒ゛ス)

利用者が自力では困難な行為について、同居家族の支援や地域の支え合い・支援サービスなどが受けられない場合にサービスが提供されます。

月1,252円(週1回程度のサービスが必要な場合)

介護予防訪問入浴介護

自宅や施設においての入浴が困難な場合などに限定して、訪問入浴介護を行います。

1回878円

介護予防訪問看護

疾患等を抱えている人について、看護師が訪問にて介護予防を目的とした療養上の世話や診療の補助を行います。

病院、療養所を利用 1回565円

訪問看護ステーションを利用852円(30分以上1時間未満の場合)

介護予防訪問リハビリテーション

自宅での生活機能を向上させる訓練が必要な場合に、主治医の指示のもとリハビリの専門家が訪問し、機能回復のための訓練を行います。

1日313円

介護予防居宅療養管理指導

医師、歯科医師、薬剤師らが自宅を訪問して、介護予防を目的とした療養に関するアドバイスを行います。

医師・歯科医師による指導1回503円(月2回まで)

施設に日帰りで通うサービス

サービスの種類

サービス内容

料金の目安

介護予防通所介護

要支援の高齢者がデイサービスセンターなどの施設で健康チェックや入浴、食事、日常動作訓練などを行うほか、その人の目的にあわせた選択的なサービスを提供します。

要支援1 月2,145円

要支援2 月4,296円

注:運動機能向上・栄養改善などの加算もあります。

介護予防通所リハビリテーション

医療施設で専門家が機能回復訓練を行うほか、その人の目的に合わせた選択的なサービスを提供します。通所介護に比べてリハビリテーションが重視されています。

要支援1 月2,475円

要支援2 月4,953円

注:運動機能向上・栄養改善などの加算もあります。

介護予防認知症対応型通所介護 認知症で要支援の高齢者が、デイサービスセンターなどの施設で健康チェックや入浴、食事、日常動作訓練などを行うほか、その人の目的に合わせた選択的なサービスを提供します。

要支援1 1回912円
要支援2 1,018円

注:入浴などの加算もあります。食費は別途自己負担となります。

注:「介護予防認知症対応型通所介護」は原則として、本市の被保険者の方が対象となります。

施設に短期間入所して受けるサービス

サービスの種類

サービス内容

料金の目安

介護予防短期入所生活介護

特別養護老人ホームなどの施設に短期間入所して、介護予防を目的とした日常生活上の支援などを行います。

要支援1 1日532円
要支援2 662円(介護老人福祉施設の多床室の場合)

注:食費、居住費、日常生活費等は別途自己負担となります。

注:送迎や栄養管理体制、療養食などの加算があります。

介護予防短期入所療養介護

病院や老人保健施設などの医療施設に短期間入所して、医学的管理のもとで、介護予防を目的とした介護や機能訓練を行います。

要支援1 1日625円

要支援2 780円(介護老人福祉施設の多床室の場合)

注:食費、居住費、日常生活費等は別途自己負担となります。

注:送迎や栄養管理体制、療養食などの加算があります。

その他のサービス

サービスの種類

サービス内容

料金の目安

介護予防特定施設入居者生活介護

有料老人ホームなどに入居している方に、施設が提供する介護サービスです。

要支援1 1日200円
要支援2 463円

注:上記の料金に日常生活費等が加算されます。

介護予防福祉用具貸与

歩行器などの福祉用具を借りることができます。

用具の種類、事業所によって料金は異なります。

注:原則として、ベット・車椅子等のレンタルはできません。

介護予防認知症対応型共同生活介護 介護が必要な認知症の症状を持つ高齢者が5~9人程度の少人数で共同生活をしながら、介護予防を目的とした日常生活の援助を受けます。

要支援2 1日813円

注:要支援1の人は利用できません。

注:上記の料金に、部屋代や食費、日常生活費等が加算されます。

介護予防小規模多機能型居宅介護 利用者の状況に応じて、通い、訪問、宿泊のサービスを1つの事業所で受けることができます。

要支援1 月4,575円

要支援2 月8,184円

注:「介護予防認知症対応型共同生活介護」及び「介護予防小規模多機能型居宅介護」は原則として、 本市の被保険者の方が対象となります。

要介護1~要介護5の方

自宅で受けるサービス

サービスの種類

サービス内容

料金の目安(1割負担)

訪問介護(ホームヘルプサービス)

入浴、排泄などの身体介護や調理、選択、買い物などの生活援助などを行います。通院などのための乗車や降車時の介助(いわゆる介護タクシー)もあります。

身体介護 1回413円
生活援助 195円(20分以上45分未満の場合)

乗車・降車等介助 1回104円(運賃は別途自己負担となります)

訪問入浴

家庭において入浴が困難な人に移動可能なお風呂を自宅に運びいれ、入浴の介助を行います。

1回1,286円

訪問看護

主治医の指示のもと、看護師や保健師が訪問し、健康チェックや療養上必要な看護や診療補助を行います。

病院、診療所を利用 1回565円

訪問看護ステーションを利用 852円(30分以上1時間未満の場合)

訪問リハビリテーション

主治医の指示のもと、リハビリの専門家が訪問し、機能回復のための訓練を行います。

1回313円

居宅療養管理指導

医師、歯科医師、薬剤師らが自宅に訪問して、療養に関するアドバイスを行います。

医師・歯科医師による指導
1回503円(月2回まで)

施設に日帰りで通うサービス

サービスの種類

サービス内容

料金の目安

通所介護(デイサービス)

デイサービスセンターなどの施設で健康チェックや入浴・食事・日常動作訓練などを行います。

要介護1 705円

要介護2 829円

要介護3 958円

要介護4 1,086円

要介護5 1,214円
(通常規模型/7時間以上9時間未満の場合)

注:入浴、栄養マネジメントなどの加算もあります。

注:食費は別途自己負担となります。

通所リハビリテーション(デイケア)

医療施設で専門家が機能回復訓練などを行います。通所介護に比べてリハビリテーションが重視されています。

要介護1 695円

要介護2 843円

要介護3 996円
要介護4 1,152円

要介護5 1,305円
(6時間以上8時間未満の場合)

注:入浴、短期集中的にリハビリテーションを行った場合などの加算もあります。

認知症対応型通所介護 認知症の高齢者が、デイサービスセンターなどの施設で健康チェックや入浴、食事、日常動作訓練などを行います。

要介護1 1,054円

要介護2 1,168円

要介護3 1,283円
要介護4 1,398円

要介護5 1,512円
(単独型/7時間以上9時間未満の場合)

注:入浴などの加算もあります。

注:食費は別途自己負担となります。

 

注:「認知症対応型通所介護」は原則として、本市の被保険者の方が対象となります。

施設に短期間入所して受けるサービス

サービスの種類

サービス内容

料金の目安

短期入所生活介護(ショートステイ)

仕事の都合や冠婚葬祭、介護者の疾病など、一時的に自宅において介護することが困難になった場合、特別養護老人ホームなどの施設に短期間入所し、日常生活の世話などを行います。

要介護1 733円
要介護2 802円
要介護3 875円
要介護4 945円
要介護5 1,014円
(介護老人福祉施設の多床室の場合)

注:食費、居住費、日常生活費等は別途自己負担となります。

注:機能訓練等体制、送迎や栄養管理体制などの加算があります。

短期入所療養介護(ショートケア)

一時的に自宅において介護することが困難になった場合、病院や老人保健施設などの医療施設に短期間入所し、医学的管理のもとで介護や機能訓練を行います。

要介護1 843円
要介護2 892円
要介護3 956円
要介護4 1,010円
要介護5 1,064円
(介護老人福祉施設の多床室の場合)

注:食費、居住費、日常生活費等は別途自己負担となります。

注:リハビリ機能強化、送迎や栄養管理体制などの加算があります。

その他のサービス

サービスの種類

サービス内容

料金の目安

特定施設入居者生活介護

有料老人ホームなどに入居している方に、施設が提供する介護サービスです。

要介護1 572円
要介護2 641円
要介護3 715円
要介護4 784円
要介護5 856円

注:上記の料金に日常生活費等が加算されます。

福祉用具貸与

歩行器などの福祉用具を借りることができます。

用具の種類、事業所によって料金は異なります。

注:原則として、要介護1の方はベット・車椅子等のレンタルはできません。

認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者ク゛ルーフ゜ホーム) 介護が必要な認知症の症状を持つ高齢者が5~9人程度の少人数で共同生活をしながら日常生活の援助を受けます。

要介護1 817円
要介護2 855円
要介護3 881円
要介護4 899円
要介護5 917円

注:上記の料金に、部屋代や食費、日常生活費等が加算されます。

小規模多機能型居宅介護 利用者の状況に応じて、通い、訪問、宿泊のサービスを1つの事業所で受けることができます。

要介護1 1月11,701円
要介護2 16,712円
要介護3 23,838円
要介護4 26,203円
要介護5 28,787円

注:「認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者グループホーム)」及び「小規模多機能型居宅介護」は原則として、本市の被保険者の方が対象となります。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:福祉部 高齢介護課 介護保険担当
電話番号:0463-82-9616

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?