コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 生涯学習・スポーツ・文化財 > 文化・芸術 > 文化財 > 秦野市域の指定・登録文化財 >極楽寺 木造十一面観音菩薩

極楽寺 木造十一面観音菩薩

問い合わせ番号:10010-0000-2244 更新日:2016年10月21日

シェア

市の指定重要文化財

木造十一面観音菩薩立像

  • 極楽寺(ごくらくじ)
  • 木造十一面観音菩薩(もくぞうじゅういちめんかんのんぼさつ)立像(りゅうぞう)
  • 昭和54年指定

概要

  • 像高104.3センチメートル
  • 寄木造(よせぎづくり)(注1) 彫眼(ちょうがん)(注2)
  • 推定製作年代:平安期(平成7年解体修理実施)

 宝髻(ほうけい)(注3)を耳の後ろで前後に矧ぎ、同じく前後に矧いだ体部に挿しています。両手は肩、肘、手首で矧ぎ、足先、天衣も別材で作られています。
 ほとんど動きがなく真っ直ぐに立ち、顔、肩、衣文等すべてに丸みがあり、穏やかな印象を与えます。豊かな頬、微笑んでいるように見える目鼻立ち、条帛(じょうはく)(注4)や裳(も)(注5)の柔らかな曲線から平安時代に作られた像と考えています。

語句の意味

(注1) 寄木造(よせぎづくり) 木彫像の主要部分を複数の材からつくる技法。
(注2) 彫眼(ちょうがん) 木の彫像の表面をじかに彫ってあらわされた眼。
(注3) 宝髻(ほうけい) 菩薩が頭上で結んでいるもとどり。
(注4) 条帛(じょうはく) 菩薩等が肩から脇に斜めにかける布。
(注5) 裳(も) 腰から下にまとう衣服。

MAP

極楽寺までの地図

所在地

秦野市鶴巻1861番地

交通手段
 

小田急線鶴巻温泉駅から徒歩20分

地図情報

極楽寺 木造十一面観音菩薩

秦野市鶴巻1861番地

このページに関する問い合わせ先

所属課室:文化スポーツ部 生涯学習課 文化財・市史担当
電話番号:0463-87-9581

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?