コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 生涯学習・スポーツ・文化財 > 文化・芸術 > 文化財 > 秦野市域の指定・登録文化財 >木造十一面観音菩薩立像

木造十一面観音菩薩立像

問い合わせ番号:10010-0000-2227 更新日:2014年12月15日

シェア

市指定の重要文化財

十一面観音菩薩立像(太岳院)

  • 太岳院(たいがくいん)
  • 木造十一面観音菩薩(もくぞうじゅういちめんかんのんぼさつ)立像(りゅうぞう)
  • 昭和46年指定

概要

  • 像高142.5センチメートル
  • 一木造(いちぼくづくり)(注1)、彫眼(ちょうがん)(注2)
  • 推定制作年代:平安期

 高い宝髻(ほうけい)(注3)を結い、左手のひじを曲げて立ち、姿勢はほとんど動きを感じられません。面相はやや長く、目鼻口を顔の中央に集め、目は見開いています。両肩を大きく包み、膝前で二条に掛ける天衣は前面の腹下と膝上でかなり意識的に上向きに厚く彫り出されています。円みのある肩、抑揚のない体型や穏やかな雰囲気などから平安時代の作と考えられます。

語句の意味

(注1) 一木造(いちぼくづくり) 一つの材から仏像等を切り出す技法。
(注2) 彫眼(ちょうがん) 木の彫像の表面をじかに彫ってあらわされた眼。
(注3) 宝髻(ほうけい) 菩薩が頭上で結んでいるもとどり。

MAP

太岳院地図

所在地

 秦野市今泉391

交通手段

  • 小田急線「秦野駅」南口より徒歩5分

地図情報

木造十一面観音菩薩立像

秦野市今泉391

このページに関する問い合わせ先

所属課室:文化スポーツ部 生涯学習課 文化財・市史担当
電話番号:0463-87-9581

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?