コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 生涯学習・スポーツ・文化財 > 文化・芸術 > 秦野市立宮永岳彦記念美術館 >利用案内

利用案内

問い合わせ番号:10010-0000-2118 更新日:2017年10月1日

シェア

 

 

 フロア

フロア図

注:ご不明な点は、宮永岳彦記念美術館0463-78-9100までお問い合わせください。

開館時間

午前10時から午後7時まで
(入館は午後6時30分まで)

注:その他、臨時的に開館時間を変更する場合があります。
注:毎年1月3日は、午後5時に閉館する予定です。
   (ただし、常設展示室の観覧受付は、午後4時30分まで)

休館日

  • 毎週月曜日(この日が国民の祝日の場合は翌日)
  • 12月28日から1月2日まで

注:その他、展示替え等のため臨時的に休館となる場合があります。 

注:原則として、常設展示室での企画展会期最終日の翌々日は、臨時休館となる予定です。

宮永岳彦作品常設展示室

宮永岳彦作品常設展示室

宮永岳彦画伯の作品を常設展示しています。

高校生以下の方、幼稚園・小中学校・高等学校・児童福祉施設の活動で児童生徒を引率される方、療育手帳・身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方及び介護者の方の観覧料は無料です。

常設展示室では、平成29年9月21日(水曜日)から新展示、宮永岳彦 本を描くを開催中です。

 

市民ギャラリー

市民ギャラリーの様子

創作活動の発表の場として、ご使用いただけます。
延床面積102平方メートル(平面図(PDF/116KB)

使用料

10月1日より使用料が改定されました。
詳しくはお知らせをご覧ください。

  • 市内のもの:1日 5,000円
  • 市外のもの:1日 10,000円

申し込み

使用を希望する日が属する月(以下、使用希望月という。)の6か月前の初日(その日が休館日に当たるときは翌開館日)から、使用する日当日まで、申し込みをお受け付けします。
申し込み受け付け後、使用承認申請書(Word/18KB)を作成・提出していただきます。

注:上記の際、使用希望月の末日を含み、複数日を連続して使用する場合に限り、最長で、その翌月始めの美術館閉館日前日までの、申し込みをお受け付けします。

申し込み受け付け開始日の例

  • 12月中の使用を希望する場合・・・6月1日から申し込み受け付け。(休館日の場合はその翌開館日から受け付け)
  • 7月中の使用を希望する場合・・・1月3日から申し込み受け付け。(年始1月2日まで休館日のため)

注:市民ギャラリーの使用・申し込み(空き)状況は、「使用・申し込み(空き)状況」のページをご覧ください。
 

その他

  • 使用にあたっては、承認条件に従っていただきます。
  • 市民ギャラリーの使用における、館内での作品等の紛失や盗難、事故(怪我など)について、宮永岳彦記念美術館は一切の責任を負いかねます。

 次の場合には市民ギャラリーの使用が制限されることから、使用の承認を取り消し又は使用の中止、若しくは変更をしていただくこととなりますので、併せてご理解ください。

  • 選挙が執行される場合。
    (市民ギャラリーは期日前投票の会場となるため、投票日9日前から、投票日の翌日まで、使用ができなくなります。)
  • 施設側のやむを得ない事情の場合。(計画停電等により、開館時間が変更された場合など)

注:ご不明な点は、宮永岳彦記念美術館(0463-78-9100)までお問い合わせください。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:市民部 生涯学習文化振興課 生涯学習担当
電話番号:0463-84-2792

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?