コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 生涯学習・スポーツ・文化財 > 文化・芸術 > 秦野市立宮永岳彦記念美術館 > 小田急との連携 >小田急電鉄株式会社との連携

小田急電鉄株式会社との連携

問い合わせ番号:10010-0000-2116 更新日:2016年11月1日

シェア

宮永岳彦(1919年~1987年)は、多彩な画業の中で、企業のポスターやカレンダーなど、多くの商業デザインを生み出しました。

その中でも、小田急電鉄との関係は深く、箱根、丹沢、江ノ島をはじめとする観光ポスターシリーズをはじめ、特急の車内誌「武相旅情」、「車窓の春」などの表紙絵、そして、現在のロマンスカーの原型となった特急ロマンスカー3000形(SE)の外装カラーデザインとその内装など、小田急関連のものを多く手がけるなど、小田急電鉄と深い関わりを持っていました。

このたび、秦野市は、昭和2年の小田急小田原線開通以来、深い関わりのある小田急電鉄株式会社と、鉄道の日(毎年10月14日)にちなんで、平成28年10月14日(金曜日)から、「秦野市立宮永岳彦記念美術館」において、小田急関連の常設展示コーナーの開設などにより、美術館の魅力向上と地域活性化に向けた事業を展開していきます。

常設展示室「小田急コーナー」

宮永画伯がデザインしたロマンスカー3000形(SE)の写真、デザインされたポスター、資料や模型などを展示する、「小田急コーナー」を開設。

開設日:平成28年10月14日(金曜日)

新型特急ロマンスカーポスター
「新型特急ロマンスカー」ポスター

小田急ロマンスカー3000形写真
小田急ロマンスカー・3000形(SE)

注:作品は、不定期で展示替えを実施する予定。

開設記念ノベルティーを進呈

「小田急コーナー」の開設を記念して、下記の期間中に、常設展示室を観覧される方を対象に、小田急ノベルティを進呈します。

期間:平成28年10月14日(金曜日)~10月30日(日曜日)

観覧料について

  • 一般 300円
  • 注:弘法の里湯をご利用の方は、200円
  • 高校生以下の方、幼稚園・小中学校・高等学校・児童福祉施設の活動で児童生徒を引率される方、療育手帳・身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方及び介護者の方の観覧料は無料です。

写真・資料展「小田急と秦野」 小田急コーナー開設記念

常設展示室「小田急コーナー」の開設を記念し、秦野市と小田急の共催による、写真・資料展「小田急と秦野」を開催。

  • 会期:平成28年10月14日(金曜日)~10月23日(日曜日) 注:10月17日(月曜日)は休館日   会期終了しました
  • 時間:10時~17時

注:写真・資料展「小田急と秦野」のページ

子ども絵画コンクール「身近なみんなの小田急線」 小田急コーナー開設記念

作品募集

常設展示室「小田急コーナー」の開設を記念し、市内の子どもたちが身近な存在の小田急線をモチーフに描いた絵画を募集します。

注:募集の詳細について、子ども絵画コンクールのページ

常設展示室観覧者への記念品の進呈

平成28年11月以降、常設展示室の観覧者に対し、観覧回数毎に小田急電鉄から記念品が進呈されます。

  • 有料観覧者 3回
  • 無料観覧者 10回

 注:ご希望の方に、スタンプカードを交付しています。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:教育部 生涯学習課 生涯学習担当
電話番号:0463-84-2792

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?