コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 都市交流・平和 > 海外姉妹都市 米国テキサス州パサデナ市 >パサデナ市の行政・市民生活

パサデナ市の行政・市民生活

問い合わせ番号:10010-0000-1952 更新日:2015年2月6日

シェア

行政執行機関

市長は選挙によって選ばれ、任期は秦野市と同じ4年ですが、連続して3期以上務めることはできません。
助役職は、市議会議員の中から選挙で選ばれます。
市職員は、約1,000名で、市に消防署、警察署、裁判所を擁しています。
消防職員はすべて非常勤のボランティアです。

市議会

立法権を持ち、執行部の政策を審議します。
議員定数は、6名で、全市区選出2名と区域選出4名で構成されています。任期は2年で市長と同様、連続して2期を超えて勤めることはできません。

水道

市営水道で、昔は井戸を掘って地下水を利用していましたが、現在は、地盤沈下防止のため、ヒューストン市から水を買って供給しています。

下水道

公共下水道は、100%普及し、汚水は河川や海域の浄化のため、「市営下水処理場」で処理しています。

教会

市民の信仰心は厚く、バプテスト、メソジスト、カトリック、ルーテルなど、多彩な宗派の教会が市内各地にあり、その数は100近くあります。

新聞

パサデナ・シチズン(地元紙)、ヒューストン・ポスト、ヒューストン・クロニクルなどの日刊紙があります。

教育

パサデナ市の教育委員会は、日本の教育委員会と同様の組織を持ちますが、政治と教育は完全に分離され、教育税を徴収して、行政から独立した権限と管轄区域を持って運営されています(独立学校区とも呼ばれています)。
パサデナ独立学校区は、テキサス州の中でも十指に入る規模を誇り、ハリス郡内では、ヒューストンに次いで2番目に大きい学区です。
公立の学校数は、elementary school(日本の小学校1~4年)が35校、middle school(小学校5・6年)が8校、intermediate school(中学校1・2年)が10校、high school(中学3年~高校3年)が6校あります。高校まで義務教育であるため、学費は無料です。大学は、パサデナ市内にはサンジャシント短期大学とテキサスカイロプラクティック短大、そしてヒューストン大学クレアレイク分校があります。

パサデナ市内にある大学

パサデナ市立サンジャシントカレッジ(2年制)

  • 学生数約30,000人
  • 応用科学、芸術課程

ヒューストン大学クレアレイク校

  • 学生数約8,000人
  • ビジネス、行政、教育、人文科学、美術、自然、応用科学の各課程で学士号、博士号を取得することができる。

テキサスカイロプラクティックカレッジ

  • 私立のカイロ専門医を育成するカレッジ。
  • ヘルスセンターが隣接している。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:市民部 市民活動支援課 都市交流担当
電話番号:0463-82-5118

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?