コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 都市交流・平和 > 海外姉妹都市 米国テキサス州パサデナ市 >パサデナ市の紹介

パサデナ市の紹介

問い合わせ番号:10010-0000-1951 更新日:2014年1月1日

シェア

  • パサデナ市は、アメリカ合衆国テキサス州ハリス郡にある都市です。ハリス郡の中では2番目、テキサス州の中では17番目に大きい都市です。
  • 1893年、J.H.バーネット陸軍大佐によって創設され、自然の美しさと豊富な植物で名高いカリフォルニア州パサデナ市にあやかり、「パサデナ市」と命名されました。「パサデナ」は、アメリカ原住民族の言葉で「谷間の王冠」という意味を持ちます。
  • 当地は、果物や野菜が豊富に生産され、長年、農業を基盤とした時代が続きました。とりわけ、イチゴの栽培が盛んで、最盛期になると数千台に及ぶ冷凍車がイチゴを満載し、「ガルフ沿岸イチゴの都パサデナから」とのふれこみで、全国の市場に配送されたほどでした。
  • その後、パサデナ市の郊外にあるバイエル地区に石油が発見され、付近の農場は石油精製工場に変わりました。1915年のヒューストン・シップ・チャネル(大型船舶運河)の完成でヒューストン港が貿易港として栄えると、運河の両岸に160余の工場が進出し、それに従い、大都市ヒューストン市に隣接しているパサデナ市は目覚しい発展を遂げ、市内の農場は次第に住宅地へと変わっていきました。
  • 1929年にわずか1,000人であった農村が、現在では人口15万人を超え、市内及び近郊には、石油精製所や化学工場、大学などがいくつもあります。

基本データ

パサデナ市の位置

  • 位置
    北緯29度45分/西経95度10分
  • 海抜
    約10~11m
  • 平均気温
    夏期:19度~34度/冬期:7度~23度
  • 降雨量
    年平均1219mm
  • 面積
    約115平方キロメートル(秦野市は、約104平方キロメートル)

パサデナ市の地図

シンボル

パサデナ市には秦野市のような市のシンボルはありませんが、テキサス州のシンボルを紹介します。

  • テキサス:インディアンの言葉で「友達」
  • モットー:友好(Friendship)
  • 愛称:ひとつ星の州(The Lone Star State)
  • 州の花:青花ルピナス(Bluebonnet)
    様々な種類があり、毎年春に丘陵地帯や渓谷地帯に花を咲かせます。
  • 州の宝石:テキサス・ブルートパース
  • 州の木:ピーカン(Pecan)クルミに似た木。実は食用になります。
  • 州の鳥:モッキンバード。ツグミの一種。ものまね鳥とも言われ、他の鳥の鳴き声を真似る。

イベント

サンジャシント週間

テキサス軍がパサデナ市の郊外サンジャシントでメキシコ軍を破り、「自由テキサス」を勝ち取った1836年4月21日を記念日に制定し、この週間中、サンジャシント財団委員会が盛りだくさんな行事を行います。

ストロベリー・フェスティバル

ストロベリー・フェスティバルは、パサデナ歴史博物館の開館を祝うためのプロモーションとして1974年に始まりました。世界最大のイチゴショートケーキ、バーベキュー、美人コンテストから音楽、子どものゲーム、ティーンエージャーの活動、泥バレーボール選手権、カーニバル、動物ショーやピエロのショーなど、多種多様な演出、アトラクション、エンターテイメントが提供され、家族全員が楽しめる週末のイベントです。

ロデオ・コンテスト大会とパサデナ家畜ショー

パサデナ家畜ロデオ協会が主催し、プロのロデオ選手が華麗なカウボーイの技と芸を見せ、アマチュアのコンテスト大会を盛り上げます。ロデオ大会のほか、花車やバンドのパレードもあり、多くの観客が訪れます。

2005年のロデオ大会の様子

(2005年のロデオ大会の様子)

観光

サンジャシント記念塔

パサデナ市の北東、デア・パークにあり、州立公園であるサンジャシント古戦場内にメキシコ軍撃破を記念して建てられたもの。鈍黄色の石灰石が用いられ、高さ174メートル、造の塔としては、世界一の高さを誇っています。

サンジャシント記念塔

サンジャシント記念塔

サンジャシント古戦場

1836年、サム・ヒューストン率いるテキサス革命軍がサンタアナ将軍率いるメキシコ軍をこの地で破り、メキシコの支配から独立を勝ち取った記念すべき場所です。

NASA(アメリカ航空宇宙局)

1958年に発足し、軍事用以外の宇宙計画を一手に引き受けている国家機関で、パサデナ市の隣、ヒューストン市にあります。

広場には計画に使用した実物が展示されています。

NASA

(NASA)

戦艦テキサス

ヒューストン・シップ・チャンネル(大型船舶用運河)の入り江に係留され、第一次、第二次世界大戦を通じ、34年間活躍して、1948年に退役しました。

ノルマンディー上陸作戦の旗艦としても有名です。

アーマンド・バイヨー沼

パサデナ市の南東800メートルにあり、広さ1・7平方キロメートルを有し、国の自然保護区になっています。この一帯は沼と湿原で多種多様な生物が生息し、バードウォッチング自然観察のほか、各種レクリエーション施設が整って、市民の憩いの場となっています。

ネイチャーセンター

(ネイチャーセンター)

パサデナ通り

パサデナ市との交流の更なる発展と市民レベルにおける国際交流の広がりを目的として、市民の憩いの場である中央運動公園内にある市道83号線の一部を「パサデナ通り」とし、その入り口と出口にそれぞれ一基ずつのストリートサインと、中央に姉妹都市提携の経過を記した解説版を設置しました。

パサデナ通り

解説板

解説板の形は、テキサスのシンボルである州旗(ロンスター)を大きく描き出しています。

州旗(ロンスター)

ストリートサイン

ストリートサインは、パサデナ市のシンボルである「サンジャシント記念塔」をその姿に取り入れ、入り口出口それぞれ6個ずつ、テキサスにちなんだモチーフによって、楽しく、陽気な雰囲気を持ったサインゲートとしました。

ストリートサインのモチーフ

  • いちご・・・・・・・・・かつていちごの名産地として栄えた
  • スペースシャトル・・・・隣接するヒューストン市のNASAで開発された宇宙船
  • ロデオ・・・・・・・・・毎年市内でコンテストが開催される。
  • サボテン・・・・・・・・テキサス地方を代表する植物
  • 太陽・・・・・・・・・・一年中陽光が輝く温暖な風土
  • ブルーバネット・・・・・テキサス州の花
  • カウボーイハット・・・・テキサスカウボーイのシンボル
  • 石油コンビナート・・・・工業都市として躍進する市の象徴
  • 幌馬車・・・・・・・・・テキサス開拓史の代表的なシンボル
  • 蹄鉄・・・・・・・・・・馬のひづめにつける鉄で上向きは幸運の意味
  • ブーツ・・・・・・・・・テキサスカウボーイの象徴
  • テキサスロングホーン・・テキサス地方に生息する牛

このページに関する問い合わせ先

所属課室:市民部 市民活動支援課 都市交流担当
電話番号:0463-82-5118

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?