コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 図書館 > 前田夕暮記念室 >短歌大会の開催

短歌大会の開催

問い合わせ番号:10010-0000-1848 更新日:2014年4月1日

シェア

夕暮祭短歌大会

郷土の歌人前田夕暮を偲び、短歌の普及と発展に寄与することを目的に毎年開催しています。
3月から4月中旬の期間に新作、未発表の作品、ひとり一首を秦野市立図書館にお送りいただき、選歌の上、講演会、選者の選評及び優秀作の表彰式を行います。

収穫

夕暮記念こども短歌大会

前田夕暮はふるさと秦野を歌った作品も数多く残しています。
この郷土出身の歌人をより多くの人々に知っていただき、“短歌のふるさとづくり“を目指して、子どもたちが短歌に親しむきっかけとなるように「夕暮記念こども短歌大会」を開催しています。

短冊 こども百人1首
毎回2,000首をこえるこの大会の応募作品の中から選びまとめた『秦野こども百人一首』は、現在巻一から巻十二まで刊行しました。

晩年の夕暮歌碑

夕暮代表歌

  • 木に花咲き君わが妻とならむ日の四月なかなか遠くもあるかな
    (明治42年12月作)『収穫』 右上の短冊が夕暮本人直筆の作品です。
  • 向日葵は金の油を身にあびてゆらりと高し日のちひささよ
    (大正3年8月)『生くる日に』
  • 自然がずんずん体の中を通過する―山、山、山
    昭和4年11月)『水源地帯』

歌碑 

このページに関する問い合わせ先

所属課室:市民部 図書館 図書館担当
電話番号:0463-81-7012

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?