コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 図書館 > 図書館だより > 過去のお知らせ > 平成27年度 >清水眞砂子氏講演会~子どもの本の持つ力~

清水眞砂子氏講演会~子どもの本の持つ力~

問い合わせ番号:10010-0000-1837 更新日:2016年2月27日

シェア

本は子どもたちにどんな力を与えてくれるのでしょうか。「ゲド戦記」など多くの作品を翻訳され、児童文学についても造詣の深い、清水眞砂子氏をお招きし、子どもの読書の大切さについてお話しいただきます。

詳細

  • 日時:平成28年2月27日(土曜日) 午後2時~ 注:午後1時30分 開場
  • 会場:図書館視聴覚室
  • 対象:子どもの読書に関心のある方など
  • 定員:80人(申込み先着順) 注:保育 先着5名まで(2歳~就学前) 
  • 申込開始日:2月2日(火曜日)
  • 申込方法:電話(0463-81-7012)、来館、またはFAX(0463-83-8370、チラシ裏面の申込書をご利用ください。)により受付
  • チラシは子どもの本の持つ力(PDF/562KB)をご覧ください。

清水眞砂子氏プロフィール

児童文学者、翻訳家、評論家。青山学院女子短期大学名誉教授。

評論では、1974年「石井桃子論」で日本児童文学者協会新人賞受賞。1993年作家論集「子どもの本のまなざし」で日本児童文学者協会協会賞を受賞。翻訳では、1981年ヴォイチェホフスカ作「夜が明けるまで」でサンケイ児童出版文化賞、2004年ル=グウィン作「ゲド戦記」全6巻の訳業で日本翻訳文化賞受賞。その他の主な著書には、「子どもの本の現在」「幸福の書き方」「幸福に驚く力」「そしてねずみ女房は星を見た」「青春の終わった日-ひとつの自伝」「本の虫ではないのだけれど」が、訳書には「めざめれば魔女」「ゆがめられた記憶」など多数。最新刊は「大人になるっておもしろい?」(岩波ジュニア新書)。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:市民部 図書館 図書館担当
電話番号:0463-81-7012

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?