コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 人権・男女共同参画 > 人権 >人権について知りたい

人権について知りたい

問い合わせ番号:10010-0000-1768 更新日:2015年3月3日

シェア

「人権(じんけん)」は、「人が人として、その社会の規範(きはん)の中で自由に考え、自由に行動できる権利(けんり)」です。

すべての人が、生まれながらにもっている権利です。

こどものみなさんへ人権について考えよう人権・同和ライブラリー

 こどものみなさんへ

人権(じんけん)ってなんだろう?

もうすこしやさしく、みなさんのまわりのことでおはなしましょう。

わたしたちはだれでもみんな、ひとりの人間として、いのちがまもられ、社会のルールの中で、あかるくたのしい生活をおくる権利(けんり)をもっています。

あなたもわたしも、だれもがみんな、生まれたときからずっともっている、たいせつな権利です。

しかし、たとえば、わたしたちは今、「いじめ」という大きな問題(もんだい)をかかえています。

もし「いじめ」をうけていたら、どんなきもちでしょうか。

ちっともたのしくなくて、かなしくてつらい生活になってしまいますよね。

こころやからだをきずつけ、つらいきもちにさせる、この「いじめ」は、人権をきずつけるとても大きな問題です。

一人ひとりが、おもいやりとやさしい心を大切にして、「いじめ」のない、たのしいまいにちをすごしましょう。

はだの子ども人権宣言(せんげん)

はだのでは、1997年に『はだの子ども人権宣言』をつくりました。その中にはつぎの三つがあります。

  • 私(わたし)たちは、いじめを絶対(ぜったい)に許(ゆる)しません。
  • あなたも、みんなも輝(かがや)く仲間(なかま)づくりをしよう。
  • 力をあわせ、すばらしい未来を築(きず)いていこう。

みんなで協力して、この『子ども人権宣言』をまもっていきましょう。

 人権について考えよう

人権ってなに?

「21世紀は人権の世紀」と言われています。人が人として、その社会の規範の中で自由に考え自由に行動できる権利、人権ってとても大切なものだと思いませんか。不当に抑圧されたりしない、強制されたりしない自由に生きるそんな権利って大切ですよね。自分を見つめ、他人を尊重し、みんなで楽しく暮らせる世界、女性・男性・障害者・外国籍etc、おたがいを認め合いそれぞれの人権を尊重しあえる社会をめざす世紀です。

同和(部落)問題ってなに?

日本の歴史的過程において形成された身分階層構造に基づく差別により、一部の人々が長い間、経済的・社会的・文化的に低い状態におかれることを強いられ、今なお一部地域では、日常生活の上でいろいろな差別を受けるなど、我が国固有の人権問題です。

「人権の世紀」と言われる21世紀の今日においても、言語・文字・行為などを媒体として、昔ながらの迷信・非合理的な偏見・前時代的な意識などを背景に存在する人々の差別観念や意識を解消するためには、人権の視点からの啓発や教育を進める必要があります。

もっと人権について詳しく知りたい

市民相談人権課では、人権問題・同和問題を考えるための教材となるドラマやアニメーションのビデオを紹介・貸し出しをしています。また同和問題をはじめとした人権問題の蔵書もあります。ご来課の上、閲覧ください。

人権・同和ライブラリー

このページに関する問い合わせ先

所属課室:市民部 市民相談人権課 人権・同和担当
電話番号:0463-82-7618

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?