コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 事業者の方へ > 農業 >燃油価格高騰緊急対策を実施

燃油価格高騰緊急対策を実施

問い合わせ番号:10010-0000-1265 更新日:2013年6月4日

シェア

近年、燃油価格が高水準に推移しているため、国は燃油価格の影響を受けにくい経営構造への転換を進めるために、平成24年度補正予算で施設園芸農家に対する「燃油価格高騰緊急対策」を措置しました。

支援策は次の2つです。

その1 施設園芸省エネ設備リース導入支援事業

ヒートポンプなどの省エネ施設のリース導入に対して、リース料のうち物件購入価格の1/2以内で定額の補助が受けられます。支援対象となる主な設備は以下のとおりです。

  • ヒートポンプ(燃油削減率は、約60%)
  • 木質バイオマス利用加温設備(燃油削減率は、ほぼ100%)
  • 被覆設備、循環扇など(温室の保温効果向上等により燃油削減効果を助長)

その2 施設園芸セーフティネット構築事業

燃油高騰時に補てん金を交付するセーフティネットを作ります。

毎年11月~翌年4月の対象期間(地域特例あり)に、A重油の全国平均価格がセーフティネット発動価格を超えた場合、補てん金を交付します。

交付される補てん金は、支援を申請する施設園芸農家と国費、それぞれ半分ずつ積み立てます。

支援を受けるためには

  1. 自分が支援対象者になるかを確認します(支援対象者は施設園芸農家3戸以上で作る団体など)
  2. 省エネルギー推進計画を作成します
  3. 推進計画が承認されると支援が受けられます
  4. 推進計画を実践します

申請期日

推進計画を平成25年6月20日必着で神奈川県燃油・肥料高騰対策協議会に提出してください。

詳しくはチラシをご覧ください。(PowerPoint/425KB)

問い合わせ

  • 神奈川県燃油・肥料高騰対策協議会(担当:中村、青木) 電話045-680-3005
  • JAはだの営農課 電話0463-81-7718

このページに関する問い合わせ先

所属課室:環境産業部 農産課 農業振興担当
電話番号:0463-82-9626

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?