コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 事業者の方へ > 農業 > 秦野市農業委員会 >荒廃農地解消実践活動

荒廃農地解消実践活動

問い合わせ番号:10010-0000-1232 更新日:2015年7月30日

シェア

市民ボランティアが農家と共に

荒廃・遊休農地を解消

現在、市内には農業従事者の高齢化や後継者不足のため、耕作されずに荒れてしまった農地が多くあります。

農業委員会では、食料供給だけでなく、良好な景観形成や水源かん養など農地が果たす多面的な機能を維持・発揮していくため、市民ボランティアの方々にご協力いただき、荒れてしまった農地を田畑に戻そうと、草刈りや樹木の伐採など農地の復元作業を行い、整備された農地の有効活用を図る『荒廃農地解消実践活動』を実施しました。

平成25年度・26年度は約70アールを解消

平成25年度、26年度事業は、市内上・西の2地区でおよそ70アールの荒廃・遊休農地を解消しました。事業にご協力いただいたボランティアは総勢25名で、市外にお住まいの方や農家の方にも参加していただきました。

柳川事業地

解消前
前

解消中
中

解消後
後

堀西事業地

解消前
解消前

解消中
解消中

解消後
解消後

多様な活用策を提示し、農地を有効活用

『荒廃農地解消実践活動』で整備された農地は、地域の農家により市民の食料供給の場として様々な季節の野菜が栽培されているほか、はだの都市農業支援センターが実施している「はだの市民農業塾」新規就農コース修了生の就農圃場や、JAはだのが開設する「さわやか農園」など、市民の皆さんにも利用していただき、長く耕作地として活用されるように努めています。

またこの他にも、農業への理解と食料への関心を高めていただくため、解消した農地をボランティアが栽培・管理し、小学校の児童による農業体験を行うなど、様々な活用策を提示し、関係機関・団体と連携した農地の有効活用を進めています。

農業体験1 農業体験2
解消農地を活用して”食農教育”を実践

平成20年度からは支援センターへ

『荒廃農地解消実践活動』は、平成20年度から、はだの都市農業支援センターに引き継がれ実施されています。

なくそう荒廃農地!優良農地確保に地域住民一丸で

農地1 農地2

農業委員会へのお問い合わせ

電話:0463-82-9654(直通)

0463-82-5111(代表)

このページに関する問い合わせ先

所属課室:農業委員会 事務局 農地利用担当
電話番号:0463-82-9654

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?