コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 事業者の方へ > 商業 >平成23年度商店街実態調査報告

平成23年度商店街実態調査報告

問い合わせ番号:10010-0000-1182 更新日:2012年5月18日

シェア

調査の概要

調査目的

秦野市内の商店街の店舗数や業種構成、商店会の加入状況や空き店舗の状況を把握し、今後の商業振興施策の立案や商業者が商店会活動を行う際の基礎資料とするため、市内の商店会エリアにある商店について調査を実施した。

調査期間

平成23年6月から12月

調査対象・回答率

市内の商店会エリアにある商店、事業所1,393店舗、回答店舗976店舗、回収率は70%であった。

なお、回答店舗のうち営業店舗が873店舗、空き店舗の回答が103店舗であった。

調査方法

国の緊急雇用創出事業交付金を活用し、臨時職員1名を任用して実施し、商店会エリアの店舗の状況を調べ、臨時職員が1軒ごと訪問しアンケートを回収した。数回訪問したが、面会できなかった店舗については、郵送でアンケート調査の回答を依頼した。

集計方法

営業店舗については、経営者の年代ごとにアンケート結果を集計し、世代による意識の格差等について分析した。

また市内4駅の周辺商店会ごとの集計も行い、駅勢圏ごとの意識や現状差についても分析した。

なお、年代が未回答は集計の対象外とした。

実態調査結果報告書

詳細は以下のリンクをご覧ください。

関連ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Reader DCが必要です。

Acrobat Reader DCをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:環境産業部 産業政策課 商業振興担当
電話番号:0463-82-9646

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?