コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 事業者の方へ > 工業 >秦野市工業振興基本計画

秦野市工業振興基本計画

問い合わせ番号:10010-0000-1171 更新日:2015年3月30日

シェア

1 計画策定の趣旨

 社会全体が人口減少の時代に入ったとされ、本市の生産年齢人口も漸減していく傾向にある中で、生産年齢層の市外流出の防止と市内流入の促進を目標に、産業の中心である工業の振興のため、本市工業施策の計画的な推進が求められています。

 その計画に沿って効果的に推進することにより、企業立地と定住促進が図られ、職住近接でまちに賑わいを創出することにもつながります。

 これまでも、雇用の場及び市税等の財源を確保するため、既存企業への支援、新たな企業立地等の施策を進めてきましたが、本市の企業活動の活性化や物流の効率化といった産業面への効果が期待できる要因が具体化し、あるいは具体化しつつあります。

 それは、人の移動や物の流通に不可欠な基幹道路として期待される「国道246号バイパス」が一部事業化され、また、「新東名高速道路」が着工されたことです。そのインターチェンジやサービスエリアの着工も控えています。

 加えて、サービスエリアに接続するスマートインターチェンジを実現させることで、その周辺土地の活用につながり、地域及び本市全体の一層の活性化が期待されます。

 これらのことを念頭に、今後、本市が展開すべき工業振興施策の方向性及び指針を示す「秦野市工業振興基本計画」を策定します。

2 計画の位置付け

 本計画は、秦野市総合計画HADANO2020プランを上位計画とし、工業振興に関する個別計画として位置付けるものです。

 県の工業振興施策や本市の既存計画である、都市マスタープランなど関連計画との整合性を図りながら、本市工業のさらなる振興に向けて「新たな産業用地の確保と企業誘致」、「工業系未利用地の活用」、「企業の施設再整備への支援」、「中小企業者への経営支援」、「起業の支援」、「就労の支援」、「知名度の向上」の7つ施策を定めるものです。

3 計画の期間

 本計画は、平成27年度(2015年度)から平成32年度(2020年度)までの6か年を計画期間とします。

 総合計画後期基本計画(平成28~32年度)の策定、本市を取り巻く社会経済情勢の変化や工業動向、また、施策の目標達成状況を踏まえ、必要に応じて計画内容を見直します。

 4 秦野市工業振興基本計画

詳細は以下のリンクをご覧ください。

関連ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Reader DCが必要です。

Acrobat Reader DCをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:環境産業部 産業政策課 工業振興・労政担当
電話番号:0463-82-9646

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?