コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 観光情報 > 花のある観光地づくり >規約

規約

問い合わせ番号:10010-0000-1123 更新日:2012年2月15日

シェア

秦野市桜の植樹推進実行委員会設置要綱(平成20年12月12日施行)

(目的)

第1条 この要綱は、平成22年に開催される「第61回全国植樹祭」を市民総ぐるみで取り組む方針のもと、市民、団体、企業等による桜の植樹を行い、本市の新たな観光資源としての桜の名所を創出し、自然環境保全と緑化への意識を高めるとともに、後世に誇れる景観づくりの推進に資することを目的とする。

(秦野市桜の植樹推進実行委員会の設置)

第2条 前条の目的を達成するため、秦野市桜の植樹推進実行委員会(以下「実行委員会」という。)を設置する。

(実施事業)

第3条 実行委員会が行う事業は、次のとおりとする。

  1. 水無川平和橋上流の両岸への桜の植樹事業
  2. 前号以外の地域において、必要と認められる桜の植樹事業

(所掌事務)

第4条 実行委員会は、前条の事業を実施するに当たり、次の所掌事務を行う。

  1. 寄付金の募集 
  2. 市民との協働による桜の植樹及び維持管理
  3. 植樹後の桜への寄付者プレートの掲出
  4. 事業推進のための関係催事への支援
  5. その他事業の目的を達成するために必要な事業 

(事業期間)

第5条 実行委員会が行う事業は、第4条に定める事業の開始から「第61回全国植樹祭」の事業が完了するまでの間とする。

(経費)

第6条 実行委員会が行う事業に必要な経費には、市民、団体、企業等からの実行委員会に対する寄付金を充てる。

(寄付金の額)

第7条 実行委員会は、第1条の実行委員会の趣旨に賛同する市民、企業、団体等から一口10,000円の寄付金を受けるものとする。

(組織)

第8条 実行委員会の委員として、次に掲げる団体の代表者及び当該植樹事業に関して特に関係があると認められる者を委嘱する。

  1. 当該植樹事業に係る地域の自治会
  2. 秦野ライオンズクラブ
  3. 秦野丹沢ライオンズクラブ
  4. 秦野あづまライオンズクラブ
     

2 委員の任期は、「第61回全国植樹祭」の事業が完了するまでの間とする。

(会長及び副会長) 

第9条 実行委員会に会長及び副会長それぞれ1名を置き、副会長は、委員の互選により定める。

2 会長は、会務を総理し、実行委員会を代表する。  

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるとき、又は会長が欠けたときは、その職務を代理する。

(会議)

第10条 実行委員会の会議は、必要に応じて会長が招集し、その議長となる。

2 実行委員会の会議は、委員の過半数の出席がなければ開くことができない。ただし、委員がやむを得ず欠席するときは、会長の承認を得て代理の者を出席させることができる。

3 実行委員会の会議において議決を要するときは、出席委員の過半数により決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。 

4 実行委員会の会議は、原則として公開とする。

(説明等の聴取)

第11条 会長は、必要があると認めるときは、実行委員会の会議に諮り、会議に関係者その他の者の出席を求め、その説明又は意見を聴くことができる。

(一部委託)

第12条 実行委員会は、第3条の事業を円滑に遂行するため、事業の一部を奉仕・ボランティア団体、非営利活動団体等に委託することができる。

(事務局)

第13条 実行委員会の運営に必要な事務を行わせるため、環境産業部観光課に事務局を置く。

(補則)

第14条 この要綱に定めがあるもののほか、実行委員会の運営等について必要な事項は、会長が実行委員会の会議に諮って定める。 

附則

この要綱は、平成20年12月12日から施行する。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:環境産業部 観光課 観光振興担当
電話番号:0463-82-9648

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?