コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 防災・安全・安心 > 防犯 > 防犯対策 >ひったくり被害にあわないために

ひったくり被害にあわないために

問い合わせ番号:10010-0000-1095 更新日:2016年4月8日

シェア

ひったくりは、皆さんのちょっとした心掛けで未然に防ぐことができます。
普段から防犯対策を心掛け、被害にあわないようにしましょう。

ひったくり犯人がねらう人

  • バッグを車道側に持って歩いている人
  • 現金を下ろして金融機関等から出てきた人
  • 歩きながら携帯電話でメールや通話をして、周囲を警戒していない人
  • 自転車カゴにバッグを入れ、ひったくり防止ネットなどを付けずに走行している人

防犯対策

  • 徒歩の場合、バッグの持ち方を常に意識する。
  • 自転車カゴには防犯ネットを装着する。
  • 後方からバイクや自転車が近づいてきたら警戒する。

徒歩の場合

ハンドバッグ等の所持品は車道側(自転車やオートバイなどが通行する側)に持たず、建物側、
壁側に持ち、胸にしっかり抱える、タスキ掛けにするなど、持ち方を工夫しましょう。

かばんの持ち方防犯ベル

自転車の場合

ひったくりは、オートバイ・自転車で追い越しざまにひったくるケースがほとんどです。後方から
バイクや自転車が近づいてきたら、立ち止まって相手を確認するなど、警戒するようにしましょう。
防犯ネット・防犯カバーを使用しましょう。

防犯ネット自転車防犯カバー

習慣にしてください

  • 金融機関等で現金を下ろした後は、特に警戒する。
  • 夜間の帰宅等は、遠回りでも明るく、人通りのある道を通る。
  • 歩きながらのメールや通話、ヘッドホン等は、控える。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:市長公室 くらし安全課 地域安全担当
電話番号:0463-82-9625

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?