コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 防災・安全・安心 > 防災 > その他の防災情報 >緊急地震速報について

緊急地震速報について

問い合わせ番号:10010-0000-1045 更新日:2017年1月24日

シェア

緊急地震速報とは

緊急地震速報は、地震による強い揺れを事前に知らせることを目指す、新しい情報です。地震の発生直後に、震源に近い地震計でとらえた観測データを解析して、震源や地震の規模(マグニチュード)を直ちに推定し、これに基づいて各地での主要動の到達時刻や震度を推定し、可能な限り素早く知らせます。

最大震度5弱以上と推定した地震において、強い揺れ(震度4以上)の地域の名前を、強い揺れが来る前に知らせるものです。

平成19年10月1日から気象庁が提供を開始しています。

緊急地震速報の説明図

緊急地震速報のしくみ

緊急地震速報は、震源近くで地震(P波=初期微動)を捉え、位置、規模、想定される揺れの強さを自動計算し、地震による強い揺れ(S波=主要動)が始まる数秒~数十秒前に、テレビ報道等で知らされます。

ただし、緊急地震速報は、情報を発表してから主要動が到達するまでの時間は、極めて短いため、震源に近いところでは情報が間に合わないことがあります。また、ごく短時間のデータだけを使った情報であることから、予測された震度に誤差を伴うなどの限界もあります。緊急地震速報を適切に活用するためには、このような特性や限界を十分に理解する必要があります。

緊急地震速報を見聞きしたら

緊急地震速報を見聞きしたら、「周囲の状況に応じてあわてずに、まず身の安全を確保」しましょう。

なお、地震被害の軽減を図るためには、緊急地震速報の利用とともに、事前に建物の耐震補強、家具の転倒防止策、ガラスの飛散防止策等を講じておくことが必要です。

緊急地震速報「利用の心得」 周囲の状況に応じて あわてずに まず身の安全を確保する!

注:緊急地震速報の詳細については、気象庁のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧下さい。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:市長公室 防災課 防災担当
電話番号:0463-82-9621

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?