コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 防災・安全・安心 > 東日本大震災に伴う情報 > 放射線・放射性物質について >県内で生産された米に含まれる放射能濃度

県内で生産された米に含まれる放射能濃度

問い合わせ番号:10010-0000-1022 更新日:2012年2月7日

シェア

神奈川県内で生産された米(玄米)の放射能濃度について、県内を東西の2ブロックに分け、神奈川県が検査を実施したところ、両ブロックともに不検出でした。

また、神奈川県農業協同組合中央会が本市を含む8市町で自主検査を実施したところ、8市町すべて不検出で安全が確認されました。

1 神奈川県実施分

(採取日:9月13日)

検査結果
農産物の種類
(採取市町村:ブロック名)
核種別放射能濃度(Bq(ベクレル)/kg)
放射性ヨウ素 放射性セシウム
米(玄米)(横浜市:東)

不検出

不検出

米(玄米)(小田原市:西)

不検出

不検出

注:検査機関:民間分析機関

2 神奈川県農業協同組合中央会実施分

検査結果
採取市町 放射性ヨウ素 放射性セシウム
藤沢市産

不検出

不検出

海老名市産

不検出

不検出

平塚市産

不検出

不検出

伊勢原市産

不検出

不検出

秦野市産

不検出

不検出

厚木市産

不検出

不検出

開成町

不検出

不検出

相模原市産

不検出

不検出

注:検査機関:(財)日本穀物検定協会

【参考】食品衛生法上の暫定規制値

  • 放射性セシウム(その他)…500ベクレル/キログラム (ベクレル:放射性物質の量)

このページに関する問い合わせ先

所属課室:市長公室 くらし安全課 地域安全担当
電話番号:0463-82-9625

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?