コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 防災・安全・安心 > 東日本大震災に伴う情報 > 被災者・被災地 > イベント報告 >『はだの絆交流会』実施報告

『はだの絆交流会』実施報告

問い合わせ番号:10010-0000-1007 更新日:2013年2月4日

シェア

避難者の皆さまの交流と、秦野市を「第二のふるさと」と感じていただけたらとの思いから、「はだの絆交流会」を実施いたしました。

当日は、小さな子どもたちも 7名集まり、保育ボランティアの方と楽しく過ごし、避難者の皆様も、秦野 の郷土料理(桜の天よせ)と福島の郷土料理(いか人参)を味わいながら、楽しんでいただけた様子でした。

また、避難者の要望の多かった、弁護士による原発事故賠償相談会も併せて開催致しました。

日時

平成24年5月13日 日曜日 午前9時30分より

実施主体

秦野市

協力

神奈川県、かながわ避難者見守り隊(受託:県社会福祉士会)、福島県、横浜弁護士会

場所

秦野市文化会館、和室 第2会議室

参加者

東日本大震災により、秦野市に避難されている方々:13世帯・27名(内:乳幼児7名)

内容

あいさつ・スタッフ紹介

  • 秦野市被災者支援担当 3名
  • 神奈川県職員 4名
  • かながわ避難者見守り隊(受託:県社会福祉士会)3名
  • 福島県職員 2名
  • 横浜弁護士会 2名

自己紹介

避難者交流会参加者 20名

原発損害賠償に関する説明

横浜弁護士会 町川弁護士による説明
 

横浜弁護士会 町川弁護士による説明

 

秦野の紹介

秦野市 市史資料室 大沢豊氏による解説

  • 郷土史
  • 文化史
  • 民俗史など

 

秦野市 市史資料室 大沢豊氏による解説

 

福島県の近況

福島県職員 星氏による福島県の近況報告及び質疑応答
 


交流会

 

交流会

秦野の郷土料理(桜の天よせ)と福島の郷土料理(いか人参)を味わいながら和やかに交流できた様子でした。

弁護士への個別相談

  • 横浜弁護士会 町川弁護士
  • 横浜弁護士会 石森弁護士

このページに関する問い合わせ先

所属課室:福祉部 地域福祉課 地域福祉担当
電話番号:0463-82-7392

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?