コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 消防本部・消防署 > トピックス >火災現場等における木造建築物の危険度判定講習会を実施しました。

火災現場等における木造建築物の危険度判定講習会を実施しました。

問い合わせ番号:10010-0000-0986 更新日:2016年3月17日

シェア

近年、複雑多様化する火災等により、活動中の隊員が倒壊した建物の下敷きになるなど消防職員の二次災害が増加しています。

また、大規模地震・自然災害の発生による建物倒壊も懸念されており、本市においても同様の事故が危惧されることから、消防職員を対象に元東京消防庁の職員を講師に招き、現在の木造家屋の建築工法、火災等による焼損・倒壊建物への活動に対する危険度判定技術の習得を目的とした講習会を実施しました。

  1. 講習日時 平成28年3月11日(金曜日)
  2. 講師 今野 利弘様(元東京消防庁職員)
  3. 講習内容

(1)現在の木造家屋の建築工法
(2)建物が倒壊する主な原因
(3)倒壊事例
(4)倒壊危険の前兆現象及び倒壊危険個所
(5)焼損建物又は倒壊建物内への進入時の注意点(6)焼損建物等への補強方法(一時的応急措置)

座学1 座学2

模型2 模型1

このページに関する問い合わせ先

所属課室:消防本部 警防対策課 警防対策担当
電話番号:0463-81-8043

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?