コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 消防本部・消防署 > トピックス >山岳事故を想定した秦野警察署山岳遭難救助隊との合同山岳救助訓練実施について

山岳事故を想定した秦野警察署山岳遭難救助隊との合同山岳救助訓練実施について

問い合わせ番号:10010-0000-0984 更新日:2015年12月1日

シェア

平成27年11月17日、18日に秦野市消防署山岳救助隊と、秦野警察山岳遭難救助隊との合同山岳救助訓練を葛葉の泉西側の山中で実施しました。

訓練目的

山岳地での救助事故から要救助者を安全、確実、迅速に救助するための知識と技術の向上と、更なる秦野警察山岳遭難救助隊との連携強化を図ることを目的として合同訓練を実施しました。

基本訓練風景

基本訓練では支点作成要領、降下要領、引き揚げ要領、上部確保要領などの設定を各隊員同士が確認し、意思の疎通と知識の共有を行いました。

上部制動による担架確保要領
上部制動による担架確保要領

想定訓練風景

訓練想定は「43歳男性がキノコ採りに来ていたところ急性腰痛症を発症し動けなくなったもの」とし、実践的急傾斜地でブラインド形式の想定訓練を実施しました。

隊員が上部から懸垂ロープを展張しながら降下する
隊員が上部から懸垂ロープを展張しながら降下する

立ち木に支点を作成し、上部確保による担架救助
立ち木に支点を作成し、上部確保による担架救助

隊員が担架を介添えしながらの救助活動
隊員が担架を介添えしながらの救助活動

このページに関する問い合わせ先

所属課室:消防署 警備第一課・警備第二課
電話番号:0463-81-0119

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?