コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 消防本部・消防署 > トピックス >水難事故を想定した平塚市消防署との水難救助合同訓練について

水難事故を想定した平塚市消防署との水難救助合同訓練について

問い合わせ番号:10010-0000-0980 更新日:2015年10月9日

シェア

 平成27年9月28日に秦野市消防署救助隊と平塚市消防署本署救助隊及び旭出張所消防救助隊との水難救助合同訓練を実施しました。

訓練目的

 近年、集中豪雨等の異常気象によって全国で水難事故の被害が発生しております。秦野市においても水無川等の河川を有しており、甚大な被害が発生すると近隣消防署と連携して活動することも考えられます。

 このことから平塚市消防署本署救助隊及び旭出張所消防救助隊と合同で、河川を使用した実践的な訓練を行い、水難救助技術の向上と連携力強化を図ることを目的として訓練を実施しました。

訓練内容

 河川が増水し中州に要救助者が取り残されたことを想定し、川幅約50メートルの河川にロープを展張する要領と要救助者の救出訓練を実施しました。

水難救助合同訓練風景

訓練風景1
訓練ミーティング

訓練風景2
ロープ設定要領の確認を実施しました。

訓練風景3
隊員が協力し河川にロープ展張を行いました。

訓練風景4
展張したロープを使用し、救助を開始しました。

訓練風景5
川岸の隊員が展張したロープを操作して、隊員を要救助者まで誘導。

訓練風景6
中州に取り残された要救助者に接触し、救出しました。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:消防署 警備第一課・警備第二課
電話番号:0463-81-0119

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?