コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 消防本部・消防署 > 緊急時に役立つ情報・各種お問合せ > 防火関係 >ガソリンの保管や詰め替えに注意

トップページ > 市民の方へ > 消防本部・消防署 > 組織・施設等の紹介 > 予防課 >ガソリンの保管や詰め替えに注意

トップページ > 市民の方へ > 消防本部・消防署 > 事業所・催し物主催者へ > 予防関係 >ガソリンの保管や詰め替えに注意

ガソリンの保管や詰め替えは注意が必要です

問い合わせ番号:10010-0000-0932 更新日:2018年3月8日

シェア

保管上の注意点

  • ガソリン引火点(燃える状態での最低温度)は-40度程度と低く、小さな火でも一気に燃え上がる物質(灯油は+40度)です。
  • ガソリンは消防法令や市町村火災予防条例の適用を受ける『危険物』です。
  • ガソリンの保管容器は灯油用ポリエチレン缶には絶対に入れない、ガソリン携行缶等に入れてください。
    容器は、消防法令で強度や材質等が決められています。

保管容器の例
保管容器

ガソリン携行缶基準適合表示
ガソリン携行缶基準適合表示

  • ガソリンの保管量は消防法令に適合する容器に入れても、貯蔵量により事前の届出等が必要となります。
    また、保管場所の構造等の基準があります。
  • ガソリンは消防法令や市町村火災予防条例の適用を受ける『危険物』です。
  • 消防法による市長の許可:200リットル以上
  • 秦野市火災予防条例による届出:40リットル以上200リットル未満

ガソリンスタンドでの注意点

  • ガソリンスタンドは、自動車等の燃料タンクに直接給油することを目的とした施設です。
  • セルフ方式のガソリンスタンドでは、お客様が自分でガソリンを容器に入れることはできません。
  • ガソリンを販売するときはお客が持ってきた容器が消防法令に適合しているか確認してください。
    適合しない容器に詰め替えた場合は、消防法により罰せられます。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:消防本部 予防課 防火安全担当
電話番号:0463-81-7602

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?