コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 消防本部・消防署 > 消防本部・署の紹介 > 消防本部警防対策課 >秦野市新採用職員が救命講習を受講しました

秦野市新採用職員が救命講習を受講しました

問い合わせ番号:10010-0000-0896 更新日:2016年4月19日

シェア

平成28年4月5日に、表丹沢野外活動センターで新たに秦野市に採用された職員が普通救命講習2 を受講しました。

秦野市では、新採用職員が採用後に受ける研修プログラムの中に救命講習を取り入れています。

これから勤務する公共施設にはAEDが設置されており、全て救マーク認定施設であることから勤務先での万が一の場面にも対処できるように、全員が受講しています。

応急手当の重要性を消防職員が説明します。
講習の様子1

説明のあと、応急手当指導サポーターから実技の説明を受けます。
講習の様子2

実技の展示を行います。
講習の様子3

説明を聞いたあとはサポーターの指導を受けながら実技を行います。
講習の様子4

救命に最も大事な胸骨圧迫とAEDの実技を何度もくりかえします。
講習の様子5

受講者の感想(一部紹介いたします)注:原文のまま

  • 心肺蘇生法で、自分ができていないところは、きちんとできるまで指導してくださって分かり易かったです。手順など忘れてしまいそうなので、定期的に受講したいと感じました。
  • こども園で勤務になり、0歳児クラスに入るので、乳児の蘇生法は、とてもためになりました。普通救命講習3 を受けると良いと話があったので、受けたいと思いました。ありがとうございました。
  • 今回の講習で心肺蘇生をまたおさらいをすることができ、改めて復習になり新たに知識が深まりました。止血法や気道遺物除去では実際の場での緊張感も伝わり、とてもためになる実技を目の前で見ることができました。
  • 1つ1つ細かく知れて、もし現場で起きたら?を想定して行うことができた。アレルギーを持つ子はいま多くいるので、忘れずいざの時に積極的に行動していきたい。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:消防本部 警防対策課 救急対策担当
電話番号:0463-81-7991

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?