コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 消防本部・消防署 > 消防署 >第39回全国消防救助技術大会

第39回全国消防救助技術大会

問い合わせ番号:10010-0000-0847 更新日:2012年2月22日

シェア

第39回全国消防救助技術大会

全国消防救助技術大会は、全国から選抜された救助隊員が一堂に会し、争い、学ぶことを通じて他の模範となる救助隊員を育成し、国民の消防に寄せる期待に力強く応えることを目的に、昭和47年から毎年開催されており、平成22年度は、京都市消防活動総合センターで開催されました。本消防本部が全国大会に駒を進めるのは11年ぶりとなり、ロープブリッジ救出部門に参加した警備第二課チームが28チーム中、5位の成績で見事入賞いたしました。

警備第二課チーム大会の様子

後列   浅田選手 木村選手

前列   富永選手 滝本選手

ロープブリッジ救出

3人1組で、設定された渡過ロープにより対面する搭上に進入し、要救助者を救出後、脱出するまでの安全確実性と所要時間を評価するものです。

 ロープブリッジ救出1ロープブリッジ救出2

このページに関する問い合わせ先

所属課室:消防署 警備第一課・警備第二課
電話番号:0463-81-0119

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?