コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 防災・安全・安心 > 交通安全 > 駐車場及び駐輪場の指導基準等 >住居系用途の場合

住居系用途の場合

問い合わせ番号:10010-0000-0823 更新日:2013年1月31日

シェア

1 一戸建住宅

各戸1台以上の駐車場を確保する。

2 集合住宅の駐車場及び駐輪場設置基準

集合住宅の駐車場及び駐輪場設置基準

区分

最低基準確保率

環境創出区域内確保率

駐車場

商業系地域

計画戸数の40%

左の50%

住居系地域(第一種低層住居専用地域及び第二種低層住居専用地域に限る。)及び市街化調整区域

計画戸数の70%

左の70%

上記以外の住居系地域
工業系地域(準工業地域・工業地域)

計画戸数の60%

左の70%

駐輪場

全域

計画戸数の100%

 

備考

  1. 計画戸数が50戸以上の集合住宅の建築を目的とする環境創出行為については、来客用駐車場等を確保する。
  2. 単身用住宅(集合住宅で、住居専用の床面積40平方メートル未満)にあっては、駐車場の最低基準確保率は、表中の最低基準確保率の3分の2で適用する。
  3. 小規模環境創出行為については、区域内確保率は適用しない。
    注:ただし、駐車場を確保しなくてもよいという意味ではありません。
  4. 駐輪場には、自転車等を置く場所を明確にした用地を含む。
  5. 駐車場の1台当たりの標準寸法は、幅2.5メートル(最低2.3メートル)、奥行5.0メートル以上とし、駐輪場の1台当たりの標準寸法は、幅0.6メートル、奥行1.9メートル以上とする。ただし、機械式設備等で適切に駐車又は駐輪できると認められるときは、この限りでない。
  6. 最低基準確保率及び環境創出区域内確保率による駐車台数の算出に当たっては、は、その都度小数点以下切捨てとする。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:市長公室 くらし安全課 交通安全担当
電話番号:0463-82-9625

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?