コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 防災・安全・安心 > 交通安全 > 自転車関係 >自転車の点検整備と保険

自転車の点検整備と保険

問い合わせ番号:10010-0000-0818 更新日:2014年3月5日

シェア

自転車に乗る前に点検をしましょう

 自転車に乗る前には、ブレーキ、前照灯、反射器材、タイヤなどの点検をしましょう。

 また、最低年に1回は、自転車安全整備店で自転車安全整備士に点検整備(有料)をしてもらい、安全な自転車を利用しましょう。

 この点検・整備をうけると、安全な普通自転車の証として「TSマーク」が自転車に貼り付けられます。

TSマークには、「賠償責任保険」と「傷害保険」の2つが点検・整備の日から1年間有効な付帯保険として付いています。

TSマークに関しましては、公益財団法人日本交通管理技術協会のホームページをご覧ください。

自転車保険について

 近年、自転車が加害者となる交通事故が多く発生しています。自転車も乗れば車両の仲間です。事故を起こせば自分が怪我をするだけでなく、他人に怪我をさせてしまったり、他人の財産を財産を壊したりして賠償責任が発生することがあります。

 実際、裁判では事故を起こした自転車の運転手に高額な損害賠償金の支払いを命じる判決も出ています。

 そのためルールを守った自転車の運転はもちろんのこと、もしもの時のために保険についても家族・学校・会社などで積極的に考えていきましょう。

 火災保険、自動車保険など他の保険の特約として付帯できる場合がありますので、御加入の各損害保険会社等に御相談ください。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:市長公室 くらし安全課 交通安全担当
電話番号:0463-82-9625

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?