コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 水道・下水道 > 水道 > 安全でおいしい水 >水の育み(地下水保全事業)

水の育み(地下水保全事業)

問い合わせ番号:10010-0000-0669 更新日:2017年7月28日

シェア

秦野盆地の地下は、丹沢山地から流れ込む雨水や盆地内の雨水を貯めておく「天然の水がめ」となっており、この地下水が本市の水道水の約75%を占めています。

水道局では、市民共有の財産である「限りある地下水」を守り、育むため、次のような事業を実施しています。

水田かん養事業

水田の地権者などの協力を得て、稲作後の水田や休耕田を利用して、農業用水を引込み、地下に浸透させています。

昭和50年12月から冬期水田を借り上げ、浸透かん養を開始しました。50年代中ばに一時中断しましたが、平成14年以降再開し、現在は、休耕田も借り上げ、菩提、寺山、東田原、名古木、蓑毛地区で実施しています。

菩提地区における水田かん養
(菩提地区における水田かん養)

東田原地区における水田かん養
(東田原地区における水田かん養)

かん養実績

かん養実績

年度

面積(平方メートル)

かん養量(立方メートル)

平成18年度

16,169

344,916

平成19年度

17,690

291,818

平成20年度

28,025

769,447

平成21年度

29,731

773,158

平成22年度

30,126

726,607

平成23年度

30,126

740,319

平成24年度

29,172

737,574

平成25年度

29,172

678,704
平成26年度

26,754

617,821

平成27年度

26,754

637,263

平成28年度

26,134

601,371

地下水注入事業

 「株式会社 不二家秦野工場」の協力を得て、同工場内に注水井を設置し、循環冷却水として使用した水を注入井戸から地下へ直接的に人工かん養を行っています。

 事業開始 昭和53年4月

不二家秦野工場内の注水井設置の図

ろ過機
ろ過機

 【注入水の水質について】

 水道法第4条、水質基準に関する省令の基準項目のうち一般的な17項目及び揮発性塩素化合物4項目について、第三者機関に委託し水質検査を実施しており、水質基準に適合しています。

家庭用雨水浸透ます設置補助金交付事業

家庭の屋根に降った雨は、雨どいから雨水ますを通じ、雨水管や道路排水構造物に流れてしまいます。

「雨水浸透ます」は雨を地下に浸透させるもので、市の水道の約7割を占める地下水を育むのに効果があります。

そこで、市では、家庭に「雨水浸透ます」を設置される方に費用の一部を補助しています。

なお、既に設置済みのものは、補助金の対象となりません。

「家庭用雨水浸透ます」を設置される前に、必ず補助金の申請手続をされますようお願いします。

名水百選に選ばれた『秦野盆地湧水群』の保全にご協力ください。

家庭用雨水浸透ます設置イメージ

対象地区

本町、南、東、北、西地区

(対象区域でも設置できない地域や場所があります。)

補助額

設置金額の2分の1

(1宅地に4基まで、1基の限度額1万2,500円)

新築以外でも補助対象となります。

注: 設置に関して構造基準等の条件がありますので設置をご検討される方は、事前に秦野市上下水道局へご相談ください。

申請等に必要な書類などは、「家庭用雨水浸透ますの設置補助」のページをご覧ください。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:上下水道局 経営総務課 経営企画担当
電話番号:0463-81-4113

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?