コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 水道・下水道 > 水道 > 安全でおいしい水 >おいしいね!秦野の水

おいしいね!秦野の水

問い合わせ番号:10010-0000-0646 更新日:2016年12月6日

シェア

 秦野市の水道水は、「名水の里・秦野」の地下水をくみ上げ、主要な水源としていますので、おいしいと評価いただいています。

 「おいしい水」の判断は、非常に難しく、その時の気温、環境、体調、個人的嗜好などに左右されます。

 では、どのような条件で、多くの方から評価いただいているのでしょうか。

水を飲む子どもたち

「おいしい水」の条件ってなに?

 「おいしい水」については、昭和60年に旧厚生省(現在の厚生労働省)が、全国の水道水の水質や水に含まれる成分などから、「おいしい水」とはなにか、を研究して、次の7項目を発表しました。

「おいしい水研究会」発表

水質項目 解説 おいしさへの影響 数値

蒸発残留物

カルシウムやマグネシウム、ナトリウムやカリウム、鉄やマンガンなどの鉱物質、いわゆるミネラルの含有量を示します。

ほどよく含まれると水の味がまろやかになりますが、多くなると水に渋みや苦み、あるいは塩味を感じます。ただし、鉄やマンガンは異臭味がします。

30~200mg/l

硬度

ミネラル成分の中で量的に多いカルシウムやマグネシウムの含有量を示します。

硬度が低いとくせがなく、低すぎると淡白でコクのない水となります。逆に高いと好き嫌いが出ます。

10~100mg/l

遊離炭酸

水に溶けた炭酸ガスのことです。

適度に含まれると、サイダーなどの炭酸飲料と同じように水に清涼感を与えます。

3~30mg/l

過マンガン酸
カリウム消費量

水中の有機物濃度の指標になる数値です。

多いと水にカビ臭などの異臭味や渋みを与えます。

3mg/l以下

臭気度

水のにおいを嗅覚で表現する方法で、測定しようとする水を無臭の水で希釈し、無臭になったときの希釈倍数を言います。

特に「カビ臭」や「ドブ臭」が問題になります。

3以下

残留塩素

水中に残っている、消毒に使用された塩素の量です。法律で水道水中に塩素が0.1mg/l以上残留することが定められています。

この量が多いと「カルキ臭」となりまずく感じます。

0.4mg/l以下

水温

水温は特に水のおいしさを左右する要因となります。

冷たい水のおいしさは格別です。10~15℃の水は、人に最も清涼感のあるおいしさを感じさせると言われています。

最高20℃以下

旧厚生省のただし書き

 「ここに示した数値は、おいしい水の一応の目安である。一般的にいって、これに適合したものであれば、ほとんどの人がおいしく飲めるといってよいと思われるが、逆に、この一部に適合していないからといって、かならずしもその水がおいしくないということではない。たとえば、硬度や遊離炭素の濃度がこの条件にはずれた水であっても、その他の水質成分のバランスからおいしく飲める水というものもあれば、おなじ水でも、飲む人の好みやいろいろな条件によって、おいしく感じられたり、そうでなかったりもする。」

「秦野の水道水」って本当においしいの?

主な秦野の水源(地下水)での水質を見てみましょう。

羽根配水場水系の水道水の検査結果

水質項目

数値

おいしさへの影響

蒸発残留物

158mg/l

水源が地下水であることから、ミネラル成分を適度に含んでいるため、苦み渋みのない、まろやかな水です。

硬度

90mg/l

地下水は、雨などが地中に浸透し、地下を長く流れれば流れるほど、硬度が高くなります。秦野市の水道水の水源の地下水は、硬度成分を適度に含んだ中程度の軟水です。

参考:ペットボトル「おいしい秦野の水」の硬度は89度

遊離炭酸

3.2mg/l

自然水の遊離炭酸は、有機物の分解で発生するものと、空気中の炭酸ガスが溶け込んだものとがあります。地下水の場合、地質に影響されます。含まれる遊離炭酸は少ないですが、おいしい水の要件を満たしています。

過マンガン酸
カリウム消費量

0.4mg/l

生活排水による汚れのない地下水のため、過マンガン酸カリウム消費量は少なく、きれいな水です。

臭気度

1未満

カビ臭等の原因となる生物がいないきれいな水のため、不快な臭いはしません。

残留塩素

0.2mg/l

塩素消毒は、水道法で義務付けられており、国が定めた水質管理目標設定項目・目標値では、1mg/L以下となっています。

水温

19.2℃

秦野市の水道水の主要な水源は、地下水ですが、この地下水は年間を通して水温が15℃前後と一定で、水源から蛇口までの距離が比較的短いことから、夏季は比較的冷たいと感じられます。

 秦野市の水道水は、旧厚生省が示した「おいしい水」研究会の条件からすると、おいしく感じられることにあてはまっていることが分かります。

秦野市の水道って、県の水も入っているよね?

水道局では、イベントなどで「利き水」を実施しています。地下水100パーセントの水源の水道水と、県水100パーセントの水源の水道水を同じ水温で飲み比べていただいていますが、どちらがおいしいか、という質問では、ほぼ同数という結果が多いです。

利き水の結果からは、私たちの生活の中では、地下水と県水(河川表流水)の水源の違いは微妙な差でしかなく、その時の気温、環境、体調、個人的嗜好などさまざまな要因により、おいしいと感じられる結果が生まれることのようです。

秦野市の水道水は、51項目の水質基準に適合している「安全でおいしい水」です。

ぜひ、安心して水道の蛇口からご飲用くださるよう、ご案内いたします。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:上下水道局 経営総務課 経営企画担当
電話番号:0463-81-4113

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?