コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > ごみ・環境 > 自然環境 > 野生生物との共生 > 野生生物の保護等について >ツキノワグマについて

ツキノワグマについて

問い合わせ番号:10010-0000-0524 更新日:2016年12月13日

シェア

クマにご注意ください

平成28年10月28日(金曜日)から11月10日(木曜日)の間、北矢名の弘法山付近クマの痕跡(足跡、爪跡、枝折れ、フン)が確認されました。

平成28年12月12日(月曜日)17時時点

☆センサーカメラ情報:新たなクマの撮影なし

☆痕跡情報:新たな痕跡及び食痕なし

クマの出没が確認されなくなってから一ヶ月以上経過したため、12月12日付けで秦野市はクマ対応レベル解除をいたしました。ただし、近隣市にて出没が続いているため、注意してください。

センサーカメラに撮影されたツキノワグマ(最新)

センサーカメラ11月10日撮影1 センサーカメラ11月10日撮影2

神奈川県のツキノワグマ

子グマ

神奈川県では、ツキノワグマは主に丹沢山地に生息していますが、生息数は30頭前後と推定され(丹沢大山自然環境総合調査1997)、神奈川県レッドデータブック(2006)では、絶滅危惧種とされています。
生息数が非常に少ないことから、県内では狩猟者へ捕獲の自粛を呼びかけ、保護を行っています。

  • 体長:100センチ前後
  • 体重:60キロ前後
  • 能力:嗅覚、聴力は優れているが、視力はあまりよくないといわれている。木登り、穴掘りなどのため力が強く、爪が発達している。人よりも早く走り(時速40キロ)、水泳も得意である。
  • 性格:臆病だが、子連れの親は強気
  • 生態:植物性に偏った雑食性。ハチミツが好物。植物(葉、花、根、実、山菜等)を中心に、昆虫、サワガニなど様々なものを季節により食べ分けている。動物食は約10%で、魚や昆虫、動物の死体や罠にかかったイノシシを食べることもある。
    秋にはドングリなど栄養価の高い木の実をたくさん食べて体に脂肪をたくわえ、冬には大きな木の根元の穴や岩穴などに入って冬眠する。メスは冬眠中に1~2頭出産する。
  • 行動範囲:年齢や餌の分布と量によって変動する。
    オスは通常30平方キロから50平方キロ、まれに100平方キロを超える個体もいる。
    メスは通常10平方キロから30平方キロ、まれに50平方キロ程度。

秦野市でのツキノワグマの出没について

平成18年

菩提地内(新田川上流付近)にて1頭のクマをハンターが目撃

平成19年

出没なし

平成20年

蓑毛地内(春岳林道と浅間山林道の分かれ道付近)2頭のクマを登山客が目撃

平成21年

北矢名地内(自興院付近)、ヤビツ峠にて1頭のクマが出没した痕跡を確認

平成22年

南矢名地内(龍法寺付近)、蓑毛地内(蓑毛運動公園先の金目川沿い)、西田原地内にて1頭のクマを捕獲し学習放獣

平成23年

出没なし

平成24年

  • 8月14日、蓑毛地内浅間山林道上の山中において、1頭のクマが目撃
  • 8月30日、蓑毛地内にて8月14日を含めた30日までの間に出没していたと思われるツキノワグマのフンと足跡が発見される
  • 9月10日(月曜日)、丹沢寺山地内において、弱った子グマが保護される

平成25年

出没なし

平成26年

  • 10月23日(木曜日)、堀西さわやか農園付近の柿畑及び堀西の桂林寺付近の柿畑にて、ツキノワグマ出没痕跡(フン・爪痕)を確認
  • 10月24日(金曜日)、堀西さわやか農園付近の柿畑に仕掛けたセンサーカメラに撮影される。
  • 10月25日(土曜日)、堀西の桂林寺付近の柿畑に仕掛けたセンサーカメラに撮影される。
  • 10月28日(火曜日)、堀西さわやか農園付近の柿畑に仕掛けたセンサーカメラに撮影される。

平成27年度

出没なし

平成28年度

平成28年10月28日(金曜日)から北矢名の自興院奥のカキ畑でクマの痕跡(足跡、爪跡、枝折れ、フン)が見つかる。

平成28年10月29日(土曜日)から11月5日(土曜日未明)、11月7日(月曜日)から11月10日(木曜日)まで北矢名の自興院奥のカキ畑に仕掛けたセンサーカメラにクマ1頭(同一固体)が撮影されている。また同場所においてフン等の痕跡が連日確認された。

11月15日(火曜日)北矢名の道伝のカキにクマの痕跡発見(状況から自興院と同時期と判断)

11月11日(金曜日)から12月12日(月曜日)まで自興院奥のカキ畑のセンサーカメラによるクマの撮影なし、新たな痕跡発見なし。出没が確認されなくなってから一ヶ月以上経過したため、12月12日付けでクマ対応レベル解除をした。

 

クマが人里に出没するかは、その年の山の液果(ヤマブドウ等)や堅果(どんぐり等)の実りに影響を受けると言われています。

また、今までの傾向では1年おきに出没していることから、平成28年度は秦野の人里に出没する可能性はあると予想されます。

丹沢がクマの生息地である以上、登山される方や山菜採りをされる方は鈴・ラジオなどをつけて自分の存在をアピールする等、十分注意して下さい。

ツキノワグマによる被害を受けないために

ツキノワグマは、秋になると冬眠を前にして餌を求めて活発に活動します。丹沢山地はクマの生息地ですから、どこでもクマと出遭う可能性があります。
また、餌を求めて活動しているうちに、人里に出没することもあり、秋には人と遭遇する機会が増える可能性が高くなります。
クマは元来臆病な性格なので、積極的に人を襲うことはありません。
ただし、出あい頭など、身の危険を感じた場合には人を攻撃してくることもあります。クマによる人身被害を防ぐには、「クマとあわない」「クマを引き寄せない」ことが第一ですが、それでも出遭ってしまったら、「興奮しない、させない」ことが基本になります。

クマに出会わない工夫をしましょう

  • 山に入るときにはクマの出没状況を収集し、危険な場所には近づかない。
  • クマが活発に行動する朝夕や霧が出ているときの行動はさける。
  • できるだけ1人での行動はさけ、2人以上で行動する。
  • 鈴、笛、ラジオなど音のするものを身につけ人の存在を知らせる。
  • 子グマを見つけたらそっと立ち去る(近くに母グマがいて危険です)。

もしクマに出会ってしまった場合には

  • あわてて急に立ち上がったり、大声をあげて騒いだり、物を投げつけたりして、クマを刺激しない。背中を見せて走って逃げたりしない(逃げると本能的に追いかけてきます)。
  • クマに向き合ったまま、動きを見ながらゆっくり後退する。

クマを引き寄せないために

  • 人や里山にクマを引き寄せないためにも、野山に生ゴミを捨てたり野生動物に餌を与えてはいけません。
    残飯などの味を覚えたクマは、やがて人里周辺にまで接近し被害を与えたりします。
  • 山麓の人里では、生ごみのほか、廃棄果樹や野菜なども適切な処理が必要です。
  • 耕作放棄地などヤブ化・林地化しているところは、クマなどの野生動物にとって格好の隠れ場所になるので、刈り払いを行うなどの管理を実施することも人里に引き寄せないためには効果的です。

しかし、万全な対策はありません。クマによって性格が違うともいわれています。山はクマの生活場所であることを忘れずに、十分注意して行動しましょう。

クマの足あと・痕跡について

クマが人里に出没した場合、特徴的な足跡・痕跡を残します。
大きく黒いものが歩いていたり走っていった場合、イノシシやニホンジカの可能性もあります。畑等に残された足あと・痕跡を確認することも大事です。

クマの爪跡
クマの爪跡

クマのフン
クマのフン

クマの足あと(10センチ-16センチ)
クマの足あと

クマによる枝折れ
クマによる枝折れ

クマの前足
クマの前足

クマ棚
クマ棚

クマと間違えやすい足あと

イノシシ

イノシシ足あと 絵・イノシシ足あと

ニホンジカ

シカ足あと 絵・ニホンジカ足あと

人間

ヒトの足あと

犬(猟犬)

犬の足跡

人里近くで目撃もしくは遭遇したら

人家近く(人里)で目撃した場合や痕跡を見つけた場合は、直ちに下記のいずれかに連絡して下さい。

  • 秦野市役所環境保全課:0463-82-5111
  • 湘南地域県政総合センター環境調整課:0463-22-2711
  • 秦野警察署:0463-83-0110

クマ関係リンク

神奈川県のツキノワグマ情報について(外部サイトへリンク)

このページに関する問い合わせ先

所属課室:環境産業部 環境保全課 鳥獣対策担当
電話番号:0463-82-9618

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?