コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > ごみ・環境 > ごみ・リサイクル > ごみと資源の出し方など > ごみと資源の分け方・出し方 >家電4品目の処分のしかた

家電4品目の処分のしかた

問い合わせ番号:10010-0000-0335 更新日:2017年9月27日

シェア

家電リサイクル法』について

家電リサイクル法(正式名称「特定家庭用機器再商品化法」平成13年4月1日施行平成21年10月1日最終改正)は、一般家庭や事業所から排出された家電製品(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)から有用な部品や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。

家電リサイクル法の詳細については、経済産業省のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

市では、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機の回収を行っていませんので、廃棄する場合は、購入したお店か、新しく買い替えをするお店に費用を払って引き取ってもらってください。(指定引取場所へ自己搬入する方法や回収協力店に引き取ってもらう方法もあります)

対象となる家電製品

エアコン
エアコン

ブラウン管テレビ液晶テレビ
テレビ

冷蔵庫・冷凍庫
冷蔵庫・冷凍庫

洗濯機衣類乾燥機
洗濯機・衣類乾燥機

消費者の費用負担

リサイクル料金

種類

リサイクル料金
注:代表的なメーカー

エアコン 1,500円+税
テレビ 16型以上2,700円+税
15型以下1,700円+税
冷蔵庫・冷凍庫 171リットル以上4,600円+税
170リットル以下3,600円+税
洗濯機・衣類乾燥機 2,400円+税

注:代表的なメーカーのリサイクル料金を掲載しています。

注:メーカー別のリサイクル料金については、(財)家電製品協会(別ウィンドウが開きます)の「家電リサイクル券システム」のページをご覧ください。

引き渡しの方法

買ったお店や回収協力店に引き取ってもらう方法と、指定引取場所へ自己搬入する方法とがあります。

お店に引き取ってもらう場合

引き渡しの方法
買い替えですか? 新しい製品を購入するお店に相談してください。
リサイクル料金と収集運搬料金がかかります。
買い替えせずに処分しますか? 購入したお店が分かる場合は、そのお店に相談してください。
リサイクル料金と収集運搬料金がかかります。

自分で持ち込む

または

回収協力店に依頼する

購入したお店が分からない場合は、自分で指定引取り場所まで持ち込むか、市内の回収協力店に依頼してください。
自分で指定引取場所まで持ち込む場合は、リサイクル料金がかかります。
回収協力店に依頼する場合は、リサイクル料金のほかに、別途、収集運搬料金がかかります。
回収協力店は・・・ 環境資源対策課までお問い合わせください。

自己搬入する場合

  • ゆうちょ銀行でリサイクル料金を振り込み、『家電リサイクル券』と『郵便振替払込受付証明書』と『払込金受領証』を受け取ってください。
  • 『家電リサイクル券』に『郵便振替払込受付証明書』を添付し、対象機器の右側面上部に張り付けて、指定引取場所に搬入してください。
  • 平成21年10月1日から全ての指定引取場所において全メーカーの家電4品目が搬入できます。

指定引取場所

指定引取場所

指定引取場所の名称

所在地

電話番号

西濃運輸株式会社 小田原支店 小田原市西大友122-2 0465-36-6931
トナミ首都圏物流株式会社 県央支店 海老名市本郷1675 046-237-1073

注:受付日/月曜日~土曜日(日、祝祭日は休み、年末年始・お盆休みあり)

注:受付時間/9時00分~12時00分、13時00分~17時00分

関連リンク

経済産業省ホームページ「家電4品目の「正しい処分」早わかり!」
家電4品目「正しい処分」早わかり 経済通産省のホームページへジャンプします。
(クリックすると経済産業省ホームページへジャンプします)

このページに関する問い合わせ先

所属課室:環境産業部 環境資源対策課 資源化推進担当
電話番号:0463-82-4401

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?