コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > ごみ・環境 > ごみ・リサイクル > 3Rの取り組み >生ごみ処理機購入費補助制度

生ごみ処理機購入費補助制度

問い合わせ番号:10010-0000-0322 更新日:2018年9月18日

シェア

生ごみの減量にご協力ください!

市では、家庭用生ごみ処理機(電動式生ごみ処理機・非電動式生ごみ処理機・ディスポーザー)の購入費に補助をしています。

家庭から出される可燃ごみの約3割を占める生ごみ。
生ごみ処理機の利用によって、燃やすごみを大きく減量することができます。

また、各家庭にとっても、日々のごみ出し負担を大きく軽減できるほか、台所を清潔に保つことができます。

現在、市内の約2,600世帯(平成28年3月現在)が利用しています。

あなたも「ごみ減量」を始めませんか。

さらに!
平成30年8月1日から平成31年3月31日までに補助金の申請をいただいた方限定で、各種生ごみ処理機(ディスポーザー除く)の使用に役立つ消耗品をプレゼント!

詳しくは生ごみ資源化スタートアップキャンペーンについてをご覧ください。

 

家庭用生ごみ処理機の種類

電動式生ごみ処理機

電気を使って生ごみを乾燥させるタイプが主流ですが、加熱して微生物を活性化し、分解するタイプもあります。

電動式乾燥型の生ごみ処理機で生成した肥料の素は、事前登録制で市が拠点回収していますので、ご家庭で肥料を使わない方でも安心です。


電動式生ごみ処理機の例

3万円~9万円、大きさ30×40×55cm程度(機種によります)、重さ12~15kg程度

電気を使って生ごみを乾燥させたり、微生物の働き活性化させて分解します。
いずれの場合も生成物は肥料としても使用可能。
(使用には電気代がかかるほか機種によってはバイオ基材の購入が必要です。)

 関連項目:たい肥化物の拠点回収について

       期間限定!生ごみ資源化スタートアップキャンペーンについて

非電動式生ごみ処理機

電気を使わず微生物の働きで生ごみを分解したり肥料化したりする生ごみ処理機です。

多種多様なタイプがあるのが特徴で、各家庭のライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

従来から使用されているコンポスト容器のほか、屋内でも使える密閉型のEMバケツ、近頃話題になっているキエーロなどもこのタイプです。

一例を紹介しますが、このほかにも殆どの非電動式生ごみ処理機が本市の補助対象です。

お気軽にお問合せ下さい。


コンポストの例


EMバケツの例


キエーロ

4,000円~8,000円、
大きさ60×60×75cm程度、
重さ5kg程度
1,500円~5,000円、
大きさ40×35×50cm程度、
重さ2kg程度
大きさ95×50×85cm程度、
本体35kg、
黒土を入れて100kg程度

屋外で土に埋め込んで使います。生ごみと土や促進剤を重ねて交互に投入し、肥料化します。

いっぱいになったらコンポストを抜き取り、土をかぶせます。
 

生ごみとEM菌と呼ばれる市販の醗酵菌を重ねて交互に投入し、醗酵させ肥料化します。

密閉型なので屋内使用も可能ですが、生成する肥料は水分を多く含むので、長期保管はできません。

下部のコックで生ごみの水分を排出でき、これを液肥として使用することもできます。

醗酵のため1週間程度寝かせるので、2基用意して交互に使用します。

土に住むバクテリアの働きで生ごみを分解する木箱で、中に黒土を入れて使います。

臭いや虫の発生が少なく比較的手間もかからないことから現在全国的に注目されています。

黒土に穴を掘って生ごみを埋めるだけで生ごみのほとんどが消滅します。
(1日1回数百グラム程度の生ごみを投入でき、夏場3~5日、冬場2週間程度で消滅します。)

生ごみを分解した黒土は栄養価が高いので肥料としても使えますが、使った場合は足して下さい。

※市内でも販売が開始されました。キエーロの購入に関するお問い合わせは四十八瀬川自然村(担当:岩瀬さん)まで
電話番号:080-5521-7669


 

関連項目:木製コンポスト「キエーロ」について

       期間限定!生ごみ資源化スタートアップキャンペーンについて

ディスポーザー

ディスポーザーは調理台の下に設置し、生ごみを粉砕して、水と一緒に流す装置です。

使用すると、家庭の生ごみをその場で処理できるため、ごみ出しの負担が軽くなるうえ、屋内に生ごみを溜めておかなくて済むので衛生的です。

注:設置工事や設置できる区域、設置できる機種など、詳しくは営業課のページ(ディスポーザーの設置について)をご覧ください。


ディスポーザーの例

本体約10万円、設置工事費約5万円、台所シンク下に設置
調理くずや残飯を投入し、水と一緒に下水道に流します。

関連項目:ディスポーザーの設置について

補助率 

  購入費 維持管理費※ 設置工事費
電動式
生ごみ処理機

 1/2補助
(上限4万円、
100円未満切捨て)

( 15,000円※ )
非電動式
生ごみ処理機

 1/2補助
(上限4万円、
100円未満切捨て)

ディスポーザー

 1/2補助
(上限4万円、
100円未満切捨て)

 1/2補助
(上限15,000円、
100円未満切捨て)

 ※ 維持管理補助金は、以前家庭用電動式生ごみ処理機の購入費補助を受けた方が、処理機の故障などにより再度購入し、補助を受ける場合に交付されます。 

申請方法

通常の申請方法

  1. 購入後に、次のものを持って、環境資源センター(名古木409)で申請してください。
    • 『領収書(宛名に申請者名が入った正式なもの)』
    • 『印鑑』
    • 『購入した機器のパンフレット』
    • 『振込口座(申請者名義のもの)がわかるもの)』
  2. 指定された口座に、翌月末に補助金が振り込まれます。

申請書のダウンロード

 

あらかじめ補助額分を差し引いて購入する方法

電動式生ごみ処理機を市内の指定協力販売店マークがあるお店(26店舗)で購入する場合に限り、あらかじめ補助額分を差し引いた金額で購入する方法もあります。

  1. 購入する前に、環境資源センター(秦野市名古木409)で申請してください。(印鑑をお持ちください)
  2. 「補助確認書」を発行しますので、「補助確認書」を持って、『指定協力販売店』で購入してください。(補助金額を引いた額で購入できます)

申請書のダウンロード

生ごみ処理機キャラクターエコくん
このマークのある指定協力販売店での購入に限ります。

指定協力販売店一覧

本町地区

販売店名

住所

電話番号

栗原電気機械

本町2-5-7

0463-81-1076

イオン秦野店

入船町12-1

0463-85-2000

イシダ電気商会

寿町7-18

0463-81-9259

ベスト電器秦野店

栄町9-15

0463-81-1333

小泉機器工業

曽屋21-32

0463-82-2522

飯田商店リビングセンター

曽屋687-53

0463-82-2501

アドバンス アキ 幸町1-3 0463-83-0666

 

南地区

販売店名

住所

電話番号

島半

鈴張町5-30

0463-81-2200

福森鉄工所

緑町1-31

0463-81-0835

やまと電機

緑町15-12

0463-81-2284

アンドーデンキ

平沢558-1

0463-82-2529

ビーバートザン

平沢1744-1

0463-83-5600

ナナフジ電機

今泉308-2

0463-81-7722

ダスキン秦野

 

今泉677-11

 

0463-81-6782

 

東地区

販売店名

住所

電話番号

アイエンス

落合361-2

0463-82-7511

ぱる・こいずみ

名古木22-7

0463-85-1189

川口テレビ商会

寺山526-9

0463-81-2318

田原でんき

西田原224-1

0463-81-4125

大根地区

販売店名

住所

電話番号

やな電器

北矢名140-7

0463-77-7080

マイハンズアオキ

南矢名433-1

0463-77-1810

末広電気商会

南矢名2123-1

0463-78-7156

小川電気商会

南矢名1-12-15

0463-77-1036

大根デンキ

南矢名1-15-5

0463-77-2243

いのうえ電器

南矢名3-18-27

0463-77-6841

西地区

販売店名

住所

電話番号

若林電気店

弥生町5-3

0463-88-5851

マルイラジオ商会

柳町2-1-19

0463-88-0009

その他

共同購入にも補助をします。

自治会やマンション管理組合など、近隣の20世帯以上で構成する団体が設置する業務用生ごみ処理機に補助をします。

補助率

購入金額(設置工事費含む)の5分の3(限度額200万円)

注:購入前に、環境資源センター(名古木、Tel:0463-82-4401)にご相談ください。

たい肥化物の拠点回収について

電動式乾燥型の生ごみ処理機で生成した肥料の素は、市が拠点回収しており、お持込いただくとその場で、トイレットペーパーに交換出来ます。

事前に、環境資源センター(名古木409)に電話(0463-82-4401)で登録し、公民館などの回収拠点に搬入してください。

各回収拠点でお持込1回につきトイレットペーパー1袋(6ロール)と交換します。

不要な堆肥化物は、量に応じてトイレットペーパーに交換出来ます。

回収拠点

公民館
(本町・大根・堀川公民館を除く)

開館日の8時30分~17時
(月1回の保守点検日、年末年始を除く)

市役所西庁舎
(農産課)

開庁日の8時30分~17時

環境資源センター
(名古木409番地)

年末年始を除く毎日8時30分~17時

期間限定!生ごみ資源化スタートアップキャンペーンについて

 平成30年8月1日から平成31年3月31日までに補助金の申請をいただいた方限定で、各種生ごみ処理機(ディスポーザー除く)の使用に役立つ消耗品をプレゼント!

プレゼントの内容は次のとおり。

 電動式生ごみ処理機

電動式乾燥型生ごみ処理機や電動式バイオ型生ごみ処理機では、生ごみから肥料のもととなる堆肥化物が生成できます。

こうした堆肥化物を使用したり回収拠点に持ち込むまで臭いを出さずに保管できる密閉容器移植ごてを差し上げます。

非電動式生ごみ処理機

非電動式生ごみ処理機には様々な種類がありますが、多くの場合、生ごみを分解するために、発酵菌が必要です。

必要となる発酵菌は生ごみ処理機によってある程度決まっていますので、次のとおり、購入された生ごみ処理機の種類にあった発酵菌や土を差し上げます。

非電動式の場合

コンポストの場合

 生ごみの発酵を促進し臭いの発生を抑える発酵促進脱臭剤を差し上げます。

EMバケツの場合

発酵に必要なEM菌を差し上げます。

キエーロの場合

黒土を差し上げます。

 

このページに関する問い合わせ先

所属課室:環境産業部 環境資源対策課 資源化推進担当
電話番号:0463-82-4401

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?