コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 届出・証明・相談 > 相談 > 消費生活相談 > 多重債務 >特定調停

特定調停

問い合わせ番号:10010-0000-0273 更新日:2015年1月1日

シェア

債務整理の方法 特定調停

方法

適している場合

特定調停

裁判所が債権者と債務者の間に立って、利害関係を調整します。

  • 借金をしている貸金業者の数が少ない場合
  • 「引き直し計算」で借金の減額が見込まれる場合

メリット

デメリット

  • 裁判所に選任された調停委員が仲介するので、公平な結論が期待できます。
  • 返済計画に強制力があり、給与の差し押さえなども止められます。
  • 法律専門家に頼まずにできるので、費用が安くすみます。
  • 借金をしている全ての貸金業者の同意を得る必要があります。
  • 返済計画に強制力があるため、返済が滞ると直ちに給与などを差し押さえられます。

手続きの流れ

このページは、金融庁「多重債務者相談マニュアル」を元に作成しています。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:市民部 市民相談人権課 市民相談担当
電話番号:0463-82-5128

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?