コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 税金 > 市税に関連する情報 >相続等に係る生命保険契約等に基づく年金の税務上の取扱いの変更

相続等に係る生命保険契約等に基づく年金の税務上の取扱いの変更

問い合わせ番号:10010-0000-0229 更新日:2012年2月15日

シェア

税務署からのお知らせ

相続等に係る生命保険契約等に基づく年金の税務上の取扱いの変更について

この度、遺族の方が年金として受給する生命保険金のうち、相続税の課税対象となった部分については、所得税の課税対象にならないとする最高裁判所の判決がありました。
そこで、このような年金に係る税務上の取扱いを改めることとしました。
これにより、平成17年分から平成21年分までの各年分について所得税が納めすぎとなっている方につきましては、その納めすぎとなっている所得税が還付となります。
お手数をお掛けしますが、お手続き方法等をご確認いただき、必要なお手続き(更正の請求又は確定申告など)をしていただきますようお願いいたします。

この取扱いについて詳しくは、国税庁ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧いただくか、平塚税務署へお問い合わせください。

注:相続等により取得したものとみなされる生命保険契約や損害保険契約等に係る年金受給権は、相続税法上、相続税や贈与税の課税対象となっています。実際に相続税や贈与税の納税額が生じなかった方も今回の取扱いの変更の対象となります。

お問い合わせ先

平塚税務署

〒254-8533
平塚市松風町2-30
電話0463(22)1400
注:自動音声の案内に従い「0」を選択してください。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:財務部 市民税課 市民税担当
電話番号:0463-82-5130

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?