コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 税金 > 個人市民税 > 市民税・県民税の申告について >平成29年度市民税・県民税の申告について

平成29年度市民税・県民税の申告について

問い合わせ番号:10010-0000-0208 更新日:2016年1月8日

シェア

毎年1月1日(賦課期日)現在で秦野市内にお住まいの方は、前年中の所得を市へ申告していただく必要があります。市民税・県民税申告は、市民税・県民税の基礎資料となるばかりでなく、国民健康保険税の算定や、福祉年金・児童扶養手当の給付等の資料にもなります。また、申告がないと所得証明書・課税証明書の発行ができません。ただし、次の人は申告の必要がありません。

  • 前年の所得が給与所得のみで、勤務先から給与支払報告書が市役所へ提出されている人
  • 税務署に所得税及び復興特別所得税の確定申告をされた人

注:市民税・県民税申告が必要かどうかは、書き方(フローチャート(PDF/229KB))で確認してください。

平成29年度市民税・県民税申告書の受付・相談について

日時:平成29年1月4日(水曜日)から3月15日(水曜日)まで

 注:1月22日と2月19日以外の日曜日・祝日・第3土曜日を除きます。

場所:秦野市役所本庁舎2階市民税課

時間:午前8時30分から午後5時

 注:申告書については下記、書式のダウンロードから入手できます。

 注:平成28年度以前の申告については、上記日程で随時受け付けしています。

申告についての注意点

平成23年分から公的年金等の収入金額が400万円以下で、かつ、公的年金等以外の所得が20万円以下である場合には、所得税の確定申告が不要となりました。(還付を受ける場合を除く。)ただし、確定申告をしない人が、市民税・県民税において源泉徴収票に記載されていない各種控除の適用を受ける場合や、記載されている扶養親族等を変更する場合には、市民税・県民税申告書の提出が必要です。

申告に必要な主な書類等

  1. 印鑑
  2. 個人番号カード、もしくは個人番号の通知カード等+運転免許証等
  3. 源泉徴収票
  4. 生命保険・地震保険等の控除証明書
  5. 国民健康保険・介護保険・後期高齢者医療保険等、社会保険料の支払いが分かるもの
  6. 国民年金保険料控除証明書または領収書
  7. 医療費の領収書原本及び保険等で補填された場合はその金額がわかるもの(事前に合計額を計算してください)

個人番号の確認について

平成29年度の市民税・県民税に係る申告につきましては、個人番号の記載が必要となります。また、提出の際は、申告書に記載された個人番号の確認及び申告者の身元を確認するため、「個人番号カード」もしくは「個人番号の通知カード及び運転免許証」等の提示、または写しの添付が必要となります。
詳細はこちら(PDF/172KB)をご覧ください。

郵送による提出について

申告書を印刷し、郵送で提出もできます。

注:宛先:〒257-8501 秦野市桜町1-3-2 秦野市役所市民税課市民税担当

注:郵送の場合は、個人番号カード、もしくは個人番号の通知カード等+運転免許証等の写しの添付が必要になります。

注:収受印を押印した受付書が必要な方は、郵送時に受付書を印刷したものと、宛名を記入し、切手を貼った返信用封筒を同封してください。

書式のダウンロード

書式のダウンロード
市民税・県民税申告書 平成29年度(PDF/9MB) 平成28年度(PDF/1MB) 平成27年度(PDF/601KB)
書き方 平成29年度(PDF/825KB) 平成28年度(PDF/1MB) 平成27年度(PDF/1MB)
手引き 平成29年度(PDF/582KB) 平成28年度(PDF/1MB) 平成27年度(PDF/1MB)
添付書類台紙 台紙(PDF/28KB) 注:年度を記入してください。  
受付書

平成29年度(PDF/3MB)

平成28年度(PDF/264KB) 平成27年度(PDF/601KB)

 

注: 26年度以前の市民税・県民税申告書

  平成26年度(PDF/235KB)

このページに関する問い合わせ先

所属課室:財務部 市民税課 市民税担当
電話番号:0463-82-5130

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?