ホーム > まち・環境 > ごみ・リサイクル > ごみの話

マイページ

使い方

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2016年4月12日

ごみの話

市内の各小学校では、4年生が『ごみ』について学ぶことになっています。そこで環境資源対策課職員が各学校に出向き、『秦野市のごみ』についての説明を行っています。
秦野市のごみや資源物が、どこに運ばれてどのように処理されるのか、また、なぜごみを分別し、減らさなければならないのかなどを、スライドを見ながら理解を深めてもらいます。
説明の後は、ごみ収集車を見ての学習です。ごみを実際に自分で収集車へ投入したり、収集作業員さんの話を聞いたりしながら、ごみ収集車の仕組みを学びます。
平成27年度は10校で実施しました。(写真は、末広小学校での学習の様子です。)


授業の前半は秦野市のごみがどのように、どれくらい回収されるのかなどの勉強です。
回収されたペットボトルからできた洋服や看板の写真を見るなど分別の大切さを勉強しました。


後半では、ごみ収集車が来て実際にごみを集める作業の体験をしてもらいました。普段近くで見られないこともあり、作業のほかに収集車の中や外の様子も観察してもらいました。

お問い合わせ

所属課室:環境産業部環境資源対策課業務管理担当

〒257-0024 秦野市名古木409番地

電話番号:0463-82-4401

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?